子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ



最近、漢字一文字タイトルがマイブーム、笑

 

 

タイトル付けるのが難しいんよね~~、ダラダラと色んな事を書くから、笑

 

 

 

昨日、雨の予報だったが降らなかった熊本

 

 

色んな学年の練習をウロウロしながら見てた

 

 

 

キッズは怪獣がいっぱいいてよろしい。笑

 

 

楽しむとふざけるの履き間違えがあんまりいないんで、上手くなるだろうな

 

 

熱くやりながら、バトルさせると負けたくない魂が燃えるはず

 

 

サッカーの練習時に負けたくないって感じれるようになったら、好きに近づいてる証拠

 

 

好きになったら上手になるしね

 

 

高学年を観てて感じたのは

 

 

みんな一生懸命にやってるなと

 

 

好きなんだろうなって

 

 

ただ、

 

 

一生懸命言われたことをやってても他との差は広がらないし埋まらないんよね~

 

 

先日も書いたが

 

 

自己表現すること

 

 

自己犠牲を惜しまずやること

 

 

これが大事であり、基本だと思う

 

 

 

そして、昨日感じたのは

 

 

【自己分析】の重要性

 

 

 

自分の特徴は何で、長所と短所は何かをしっかり理解しているかどうかは成長への近道

 

 

 

長所はそのまま伸ばし続け、短所を克服するべく取り組む

 

 

 

なんか、自分のことを間違って捉えてそうだなってのが複数人いた

 

 

 

そりゃね、子供はみんなメッシみたいになりたいだろうけど、

 

 

メッシが11人いてもサッカーにはなんないしね

 

 

 

自分を正しく知ると取り組み方も変わると思う

 

 

 

自己分析は大事だが高めの自己評価はマジいらん

 

 

 

自信もって強気でやるのは大事だけど、

 

 

 

勘違いは良くない。チームでやってる事なんでね

 

 

 

自己評価とスタッフ側の評価にズレがあると不満の種になるだけ

 

 

 

それを何クソ魂でやれるならいいけど、子供はなかなか難しい

 

 

 

 

自己分析が上手く出来てる自信の無い子は担当スタッフに聞くと言い

 

 

 

僕、どんな感じですか?って

 

 

 

それくらい聞けないとね、

 

 

 

スタッフはオープンマインドで答えるはず

 

 

って言うか、答えないといけないよね

 

 

子供が勇気振り絞って聞いてんだから

 

 

 

保護者の方に聞かれても

 

 

 

俺は長嶋茂雄の真似で「う~ん、どうでしょう」

 

 

か、

 

 

中畑清の真似で「絶好調です」

 

 

 

って、答えると思う。

 

 

 

親に言う事ではないと思うんでね

 

 

 

俺なら子供が直接聞いてきたらどう答えるかな~

 

 

 

「そんなん知るか、自分で考えろ」とは言わない、、、笑

 

 

 

「自分ではどう思う?」って投げかけて自分の気持ちを言葉にさせて俺の思いをその後に言うかな~

 

 

 

 

誰かを例に挙げよう

 

 

最後に受け持った去年のキャプテンにするかな

 

 

カナタは

 

 

・プレッシャーの中でも慌てずにプレーが出来て余裕があり、見えてる所も多いしキックも上手い

 

 

 

・プレー強度が低くガムシャラさが足りない。プレー中の自己発信が薄く周囲に理解されにくい。

 

 

 

この2点を伸ばし・改善させようと俺は思ってたかな

 

 

 

私生活は改善させないといけない点が多々多々多々多々あるが、笑笑

 

 

 

現担当のシゲキの考えとは違う可能性高いけど、そんなもんだと思う

 

 

 

受け持ってる子の事は全スタッフがつらつらと言えると思う

 

 

 

それくらいしっかり向き合えてるのが、ソレッソなんでね

 

 

 

ドキドキしながらそれぞれのコーチに聞くのもありだぞ~

 

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031