子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

アバター画像

夢スポ



先日、福岡放送の夢スポって番組の取材があって、

 

大起のジュニア年代の頃の話をさせてもらったが、日曜に福岡と佐賀では放送があったようだ。



実家の長洲町は、福岡寄りという事もあって、熊本だけじゃなく、福岡と佐賀の番組も見れる。

 

という事で、実家にお願いして、録画してもらい、その放送を見たが、

 

やっぱ、あいつの人間性は惚れる。

 

サポーターの間では、大起のおじぎが話題になってるらしく、

 

丁寧なファンサービスは、がっちりサポーターの心を掴んでるようだし、

 

一緒にボランチを組んでる前選手も、

 

サッカー選手の鑑だって言ってた。

 

取材日の練習は、9時だったみたいだが、

 

大起は、誰よりも早くトレーニングルームに入り、

 

7時過ぎにはクラブハウスに到着。

 

みんなが、練習前にストレッチしてる頃には、

 

黙々と、筋肉に刺激入れるような筋トレしてるしてる映像が映ってた。

 

カメラを向けられて、ハニカミながら、

 

どんどんサッカーが好きになってきてて、毎日が楽しすぎるんすよね。

 

いいものを取り入れようとしたら、いくら時間があっても足りないくらい

 

って言ってたのはすごく印象的。

 

プレースタイルは、ガムシャラで、本人もボールを奪う事が武器だと言ってるが、

 

そのプレースタイルと楽しいは、

 

少しかけ離れてる気もするが、

 

高みを目指す上での楽しむの本質は、そんなもんなんだって気がする。

 

自分を高める上で、向上心持って取り組んで、どんどん限界を超えていく。

 

やればやるほど、試行錯誤も多くなるかと思うが、

 

たぶんそれが何よりも楽しいんだろうし、

 

それを楽しいって思えるからこそ、成長していくんだとも思う。

 

守備は、リアクションが多いと思うが、

 

自分から誘って奪うようなアクションからの守備も意識してるって言ってた。

 

少しずつ、コツコツ上積みしてる感じは、

 

誰でもできる事なんだが、おそらく大半の人はやってなく、

 

そこは、俺も一番共感する部分で、

 

高みを目指したいという子ども達には、ぜひ真似してもらいたい部分だ。

 

そういえば、月曜の総会で、労働生産性の話しがあった。

 

簡単に言うと、労働時間に対する対価の割合みたいなもんだが、

 

自身の生産性をパッと計算すると、割に合わないくらい時間の浪費があるような気がする。

 

でも、、、

 

俺は生産性を上げるには、しのごの言う前に、まずはやるだけやって、

 

そっからが生産性の話しなんだろうって思う。

 

考え方は、古いが、

 

コツコツやれば、何かが見えてくる。

 

時間は有限だが、その時間を有効に使って、成長しなければな。

 

アカトレの人とも昨日打ち合わせをしたが、月曜の学習ルームには確実に入って欲しいから、

 

こちらでこんな事をやりたいですって相談があった。

 

学習も然り。

 

生産性を高めようと、効率的なものを求める前に、

 

まずはコツコツやり切る毎日を過ごすことが重要だ。

 

色んなものに近道はないと思ってた方が、頑張れると思う。

 

ぜひ、コツコツの習慣を。

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事