子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

アバター画像

年一



昨日の夜は、後輩との飯。



同級生の店で、いつも良くしてくれる。

 

料理はおませしてるんだが、

 

県外の人??

 

だったら馬刺しと辛子蓮根つけとくわ〜

 

ってサービスが良い(笑)

 

山口家、ニューくまもと亭、家鴨長屋。お勧めしときます。

 

年一の会合。

 

金曜から入り、Jリーグ見にいったり、福岡のインハイ予選見たり、

 

そして今日から2日間は熊本のインハイ準決勝・決勝を視察。

 

どっかのタイミングで飯行きましょうが昨日だったが、

 

近況についての情報交換。

 

スカウト目線の話は面白く、色々参考になる事もある。

 

プロなんで、お金払って来てくれるお客さんが、見ていてワクワクするような選手を探したい

 

って言ってたが、

 

ワクワクする選手って、特徴を持った選手。

 

最低限の技術レベルに達してないと、当然プロでは通用しないんで、

 

それは大前提に、それからどこの部分が突出してるか、そしてそれは本当に特別なものか?

 

もちろんメンタリティも含めて見てるらしい。

 

ソレッソからは、なんで毎年のようにいい選手が出るんすかね?

 

って質問されたが、よ〜分からん(笑)

 

って答えつつ、

 

けど、最低限の事は教えてると思うし、自由に放牧もしてるって答えといた。

 

最低限の技術レベルに、後は突出したもの。

 

教えると放牧する。なんか似てて、あながち間違ってない気がする(笑)

 

後は、最近の傾向として、身体能力があるかどうかは必ず見るとも言ってた。

 

ゲームのスピード感と強度は増し、上手い選手はどこそこ転がってるが、

 

プロの世界に入ると、それこそその上手さがめちゃくちゃ突出してないと埋もれてしまうと。

 

例えば、そのクラブに◯◯という選手がいるんだが、

 

上手くてJ2の下位チームだとレンタル出したら重宝されるが、

 

J2の上位、もしくはJ1レベルになると試合に出られなくなると。

 

この問題点は明らかで、

 

外遊びの機会が減ったってのが、1番の要因だと思うが、

 

やっぱりアスリート能力は、幼少期に色んな遊び、動きの中で身につけさせないといけないよね

 

で意見は一致。

 

だから、パル鬼ってのをやり始めたんだよねぇ

 

って言うと、

 

それめちゃくちゃ良いじゃないですか!って興味を示してくれた。

 

という事で、ソレッソスペスクでお待ちしてます(笑)



1・2年生が残り1名。

https://forms.gle/vY9b2F84yrwbo7yUA

 

お互いで、もうこの年なんで将来のビジョンについても話したが、

 

考えてる事が真逆すぎて面白かった。

 

年一の会合は、健全に18:00-21:00の3時間で終了(笑)

 

よって今日はすっきり。

 

また来年楽しみにしとこう。

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事