子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

アバター画像

学童組み合わせ



結局、いつも通りの時間に起きる。

 

じじいあるあるの、目が覚めてしまう習慣は厄介だ。。。

 

楽しみにしてた学童の組み合わせも決定。

 

まだ県協会のホームページに全体はアップされてないが、

 

うちが関わる会場の組み合わせはこんな感じ。





VとGは同会場で、Fは違う会場だがコスモスだから同じようなもん。

 

そして、トーナメントでいうと、隣の山。

 

勝てばの話だが、早い段階で、V対Gがあり、それに勝てば、V対Fが次にあるという削り合いの最悪な組み合わせ。

 

まずは、目先の相手で、

 

Gは玉名スクールにもたくさんきてくれている荒尾JFCとの試合だし、

 

俺が見ている感じでいうと、おそらく格上。

 

越えないと、Vとの対決はないが、ぜひ越えて、やらせてあげれたらと思う。

 

Fも何とかVまでは勝たなければいけないし、

 

たとえVが相手でも怯まず勝利に拘らなくては。

 

まぁしょうがない。

 

やるしかないんで、3チームともいい準備をして本番を迎えよう。

 

それにしても、ヒデ君・竜馬コンビの引きは、いつもながらドギツイ。

 

全体像もチラッと聞いたが、これは全日の組み合わせもけっこう荒れるな。

 

とりあえず、削り合うんで、3チームのうち1チームしかシード権を獲得できないが、

 

1枠は獲得して、全日に繋げたい。

 

今週いよいよ開幕の学童。

 

まだこの時期は、どのチームも、チームとしての形は未完成で、

 

例年の事ながら、学童で勝ったから、全日も上位までくるという構図にはならない。

 

先にも続かない大会で、今年度チームのお披露目会みたいな感覚だから、毎年結果が出づらいと思うが、

 

結果はどうであれ、それを踏まえての夏の越え方が大切だ。

 

昨年は、ベスト32で負け、ソレッソ史上最大の失態を犯し、

 

その負け方も、自信のなさ、テンパる。

 

いわゆるメンタリティーに関わるものの影響があったと記憶してるが、

 

負けに意味あり

 

で、そっから叩き直して、段々とチームとしての力強さが出てきたと思う。

 

身体的な成長もそうだし、早い子はそれに伴い思春期の入り口に差しかかり、

 

コントロールができれば、いい意味で、サッカーへの向き合い方も変わってくる。

 

聞く耳もたぬ思春期ではなく、大人の階段を登る上での思春期は、

 

うるせ〜と思いつつも、大事な事の峻別はしなくてはいけない自覚もあるようで、

 

メンタル的にも逞しくなっていくようだ。

 

成長期が早くきた昨年は、そこら辺も含めて、夏からの成長があったと思うが、

 

今年も、ここからどんどん変わっていくと思う。

 

公式戦は、一応節目なんで、色んな気づきを得れるし、色んな気づきを促す事ができるチャンス。

 

全力でやった

 

が前提条件にはなるが、

 

その上での結果をどうにか夏以降に繋げていきたい。

 

先の話ばかりすると足元が疎かになるんで、

 

そんな事を思いつつ、

 

来週に向けて。。。

 

チームFの監督として、でもって、Gも同会場なんで、Gも指揮を取って、

 

両チームVへの挑戦権を得よう。

 

こちらもよろしくお願いします。



お申し込みはこちらから。

https://forms.gle/vY9b2F84yrwbo7yUA

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事