子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

アバター画像

対ディアブロッサ高田



宮崎の名将前田さんは、

 

関西遠征にコテンパンにされに来たんですけど、今のところ全勝なんですよね

 

って上機嫌だった。



その一言と笑顔。

 

シャッターチャンスとブログネタは逃しません(笑)

 

今日の最終試合

 

対ディアブロッサ高田

2対2

 

もがきは続いてて、前田師匠の言葉を聞いて、数ヶ月前の自分を思い出したが、

 

余韻に浸る事なく、目の前にはメインディッシュ。

 

せいじさんがこの試合は指揮を取ってくれたが、

 

今までのゲームで一番良かったと思う。

 

城西戦で、少しきっかけが見つかり、正覚寺戦で少し逆走し、J津山戦で、また感覚を掴み、

 

お引き渡し。

 

攻撃の質やら何やらを言い出したら足りない事ばかりだが、

 

ベースという部分では、ソレッソらしさがあり、

 

ここさえ整えば、今からいくらでもいい方に積み上げられるって思えた。

 

基準を高く設定するのは、目標が遠いところにあるからで、そこの妥協はできない。

 

諦めず、やらせ続けたが、それがきっかけになってくれたらいい。

 

もうちょっと言い続けて、やらせ続けないといけない時期は続くと思うが、

 

それが染みて自分達で、この試合のような頑張りを当たり前にできると強くなれるな。

 

関西遠征の収穫は、ベース作りで終わりそうで、それはスタートラインに立つくらい遅いスタートになりそうだが、

 

それでも来た意味はあった。

 

これからの幕開けをこんな感じで行くんだぞって提示しただけだが、

 

そこが足りてなかったんで、良しとしよう。

 

本当は、立ち位置確認して、あれこれチャレンジしながら、

 

やれる事、やれない事の見極めをしたい遠征だったが、

 

土台がグラついてるのに気付けて良かったし、土台固めをし直せたんでね。。。

 

正直言って、映像があっても、見る気にもなれない試合ばかりだったが、

 

高田戦はもう一度見ていいかなと思う。

 

担当せいじさんと一緒に、これからチーム作りしていこう。

 

片腕として頑張ります(笑)