子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

アバター画像

学びの感度



昨日は、未来ある若者とのzoomミーティング。



2人とも大学4年生で、今春卒業する子だが、

 

オンラインのサッカー塾(小学生対象)をやってるらしく、長く少年サッカーに携わってるからという事で、

 

監督さんから紹介してもらい、話す事となった。

 

右上の岡田君は、レノファ出身で、一般入試で筑波に入学。

 

俺も、彼の事を予習しようと、noteの部員ブログを事前に読んでみたが、

https://note.com/snsk1129o/n/n3ebb4c0c0de7

 

監督さんが、俺が優秀と思うからかなり優秀と言われる通り、

 

素晴らしい人物。

 

もう1人の長坂君は、静学出身で、全国優勝メンバー。

 

この子も一般入試で合格したのかな。あの静学から合格してるくらいだから、ストイックに文武両道を続けたんだろう。

 

その背景だけで、素晴らしい人物という事が分かる。

 

そんな2人を相手に、

 

ちょっと先輩面したおっさんがあれこれ喋るのは少しおこがましい感じもしたんだが、、、

 

彼らの情熱に押され、ベラベラと喋る事になった(笑)

 

2人に共通して言えるのは、

 

学びの感度が高い

 

という事。

 

学ぶを単純に言い換えると、知識を得るという事になるんだろうが、

 

彼らと話してると、

 

知識を得るも、

 

自分達の目標・目的に対して、適切な知識を得ようとする事ができる

 

という風に表現できるし(質問の仕方が明確)、

 

学んだものに、しっかり分析と解釈を加え、学びっぱなしで、満足する事なく、活かしていこうという姿勢が見られる。(細部まで質問できる)

 

総じて、学びの感度が高い。

 

先日、朝倉が、筑波のテクニカルアドバイザーの中西さんがラジオで筑波大生は、

 

ひたむきさの純度が高い

 

と言われてたのを、ブログに書いてたが、

 

すでにはじめてるこのオンラインサッカー塾も、彼らのひたむきさの現れと、

 

本気で子ども達のためになるようにしたいという想いが詰まっている。

 

はじめたきっかけは、簡単に言うと、指導格差の是正というところにあるようだが、

 

彼らが踏み出した想い溢れる一歩が、オンラインなんでね。

 

多くの子ども達に届いてくれる事を期待している。

 

そんな彼らのオンラインサッカー塾の名前はIPPO。

 

どんな偉人や成功を収めた人にも必ず「初めの一歩」があります。そして、夢、目標、理想の未来のためには「小さな一歩」を積み重ねるしかありません。そんな大切な「一歩」を踏み出す助けになれるような場所にしたい。(IPPOホームページより)

 

ご興味ある方は、こちらのサイトを覗いてください。

https://soccer-ippo.com/

 

きっと彼らなら、本気で子ども達に向き合い、本気で一緒に夢を追いかけてくれると思います!!

 

エネルギーある若者と話せて、おっさんも元気になったと言いたいところだが、

 

気持ちは元気になっても体調不良がまだ続いてる(笑)

 

早く治さねば。。。

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事