子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

アバター画像

掴み取る



堂本剛とももクロリーダーが結婚発表して、衝撃を受けたが、

 

ヒデ君はももクロあんま分かんないっすよ〜って言ったんで、

 

あの赤の子たい

 

って教えたら、赤レンジャーを想像してた。

 

ちなみに、ヒデ君は、間違いなくゴレンジャーで言ったら黄レンジャー。

 

黄レンジャー気になる人は、画像検索してみて下さい。

 

おそらくカレーを食べてる画像は出てくるはず。

 

ヒデ君もカレー好き。

 

いよいよ明日は、フジパンの開会式&抽選会。

 

怒涛の年末の出来事と、正月休みを挟んだんで、

 

例年より、どこか気持ちがフワフワしてる感じがあるが、

 

もう6年生にとっては最後の大会だ。

 

ようやく今週から平日練習も本格スタートし、日常を取り戻しながら、

 

来週1週間を経ての本番。

 

どこのチームもバタついてる思うし、準備不足は否めないと思うが、

 

毎年の事なんでね。

 

どんだけコンディションを戻して初日を迎えれるかがポイントだと思う。

 

有難い事に、週1日のペースで大会は進んでいく。

 

勝ち上がれば、また1週間の調整と修正があり、徐々にコンディションと試合勘は戻っていくんだろう。

 

今回に関しては、Vは追いかけられる立場。

 

何が何でもって気持ちは変わらないが、

 

絶対掴みたいって気持ちじゃなく、

 

絶対死守してやる

 

みたいな守りの気持ちが出てしまえば、難しいゲームが続くだろう。

 

全国を何度も経験してるが、ここ数年九州のレベルは確実に上がっているという実感がある。

 

もっと言うと、九州の中でも、熊本は、レベルの高いチームが多く、

 

おそらく、熊本を勝ち取れば、どこのチームであれ、全国でもそこそこやれるだろうと思っている。

 

簡単に勝てるほど熊本県のチームは甘くないって事だ。

 

受け身になってしまってはいけない。

 

掴み取る気持ちで臨まないとな。

 

今回指揮するFも、女将カップで色々試してみたが、

 

感覚的にはいい感じで、

 

パンパンに気持ちを尖らせて、強い気持ちとチャレンジャー精神で物怖じしなければ、

 

どこのチームとやってもいいゲームができると思っている。

 

理想は、Vと逆山に行って、V・Fの決勝をやる。

 

その力はあるんだよって刷り込んで、大会に臨ませたい。

 

Gだって、可能性は0ではない。

 

粘る事はできるだろうし、いつも高強度の日常で揉まれてるんでね。

 

簡単に負けたりはしないだろう。

 

とにかく、6年生にとっては最後の大会。

 

それぞれがどんな気持ちで臨めるかを大切にしながら、

 

ソレッソらしく全力を尽くしてくれればなと。

 

決勝まで進出できれば、3月に九州大会があり、公式戦を経験できる機会がまた増える。

 

V・F・Gそれぞれのチームが、1試合でも多く公式戦の舞台を経験できるようにしたい。



サカママが選ぶベストイレブンらしいが、

 

うちは1名。準優勝のアロンザからは3名(笑)

 

チーム力が売りです

 

って事にしとこう。。。

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事