子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

アバター画像

自信と慢心



3日間の女将カップも終了。

 

まぁこんなもんかなという感じで、V・F・Gそれぞれ失速しながら(笑)、最終日が終了した。

 

色んな指導者の方から、

 

モチベーション的に難しくないですか?って聞かれたが、

 

そんな事はなく、俺的には少し自信がついたんじゃないかってプレーを見て感じる。

 

元々メンタリティーに不安の多い学年だっただけに、そう感じるのかもしれないが。。。

 

ただ、、、

 

自信と慢心はセットで、

 

ちょっとしたかけ違いで、どちらにも横ブレするもんなんで。

 

意地でもゴールをこじ開ける。意地でも身体を張って守りきるができないのは、慢心。

 

細々したところに慢心もあった気がするなとも思った。

 

それは、Vだけのメンバーに限らず言える事。

 

同じ仲間としてやってきたんだから、同じ気持ちでやらないといけない事は、

 

みんなに伝えたし、

 

今日から、完全に日常に戻るんでね。

 

また、コツコツ頑張っていくだけだ。

 

ピッチの外で指導者の方と談笑してると、

 

女将カップに出てないチームの家族かな。

 

試合を見に来てたようで、

 

日本一のチームを見に来たけど、なんか負けたらしいって声が聞こえた。

 

けんたも地元のじいちゃんにつかまってたが、そのじいちゃんも、

 

日本一のチームば見に来た

 

って言ってたらしい。

 

実感的なものは、正直あんまりなく、

 

過ぎ去ったら早いもんだなの方が圧倒的に強いんだが、

 

周りの目は有難いことに、変わってると感じる。

 

単発的な実感は、おめでとうや、話をする中で湧いてくる事があるが、

 

それと同時に、またこっからという思いも強くなる。

 

抱え込んでしまえば、プレッシャー。浮かれれば慢心。

 

でも、さらに成長したいと思えば、成長の種。引き締めて再スタートを切れれば自信を纏う事ができるんでね。

 

心の在り方をどうコントロールしていくか、話し続けなければ。

 

結局、時間軸を延ばせば、ドライな言い方をすれば、きっかけ・節目にすぎない。

 

だが、、、

 

大きなきっかけ・節目を経験したのは間違いないし、

 

モチベーションも吸収力も今以上に大きなものにできるチャンス。

 

自信が慢心にならないようにしなければ。

 

女将カップの優勝は太陽鹿児島。

 

圧倒的だったと思う。

 

きっと、坂口が弁当2つ食べた後、3つ目も食べたいってギラついてだからだろう。



ヒデ君負けるな。

 

今日は、3日間フルに動いたんで、練習は休み。

 

リセットしてまた明後日から。

 

日常のコツコツを忘れずに。俺も日常に戻し、筋トレの再開。

 

コツコツこそが勝つコツだ。

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事