子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

アバター画像

新年スタート



明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

いつも年末年始は、やっとブログを休めるチャンスだって思って、フェードアウトするんだが、

 

ネタがありすぎて、忘れないうちに書き残しときたくて、

 

いつもより文字数も多くなるという。。。

 

いわゆる余韻に浸るってやつかな。

 

昨日は、ヒデ君に用事があったんで、

 

食い過ぎるなよ。良いお年を。

 

ってLINEして、俺は年越しを起きて迎えるために、

 

ヒデ君の真似して、コーラを買い、お菓子を食べまくって準備したが、

 

23時に限界を迎え寝てしまった。

 

5:30起床。トイレにはやっぱり起きず。いつも通りの新年スタートだ。

 

今年は、新たなスタートの予定。

 

せいじさんは、アカデミーコーディネーターといじるが、

 

俺の性格上、そんな格好良さげな名前は似合わず、そもそも上に立ってまとめる事なんて無理なんで(笑)

 

しっかりコーチ+αで、

 

自分の力が発揮できる場所を探して、陰でこそこそ頑張ろうかなと思ってる所。

 

50歳までには現場を抜けるは、何となく描いてた未来なんで、

 

後8年。いや、年越したから7年か。

 

監督業から引く決断は、色んなきっかけが昨年あったんで、予定より2〜3年早くしたが、

 

そこに向けてスタートしようと思う。

 

新たなスタートを切るきっかけも、有難い事に、人の繋がりがあっての事。

 

2年前くらいから、少しずつ種蒔きをはじめて、まだ芽は出てないが、しっかり育てていこうかなと。

 

遠征中も、久々の出会いがあって、めっちゃ刺激を受けた。



昨年からベガルタの育成部長をやってる先輩。

 

人材派遣会社に勤めて、3年くらいで辞められ、もっとビジネスの勉強をしたいと渡米。

 

日本に帰ってきて、ベガルタの事業推進部長、営業部長(最年少だったらしい)

 

そして、今。

 

質問攻めに合いながら(笑)、色んな事を教えてもらい、たくさん携帯メモさせてもらった。

 

ビズネスの世界で戦ってきた先輩は、サッカー界というか現場はビジネスの世界と比べると、

 

やってる事は同じ(組織があって、目標があって、成長していく)だが、

 

かなり遅れているという。

 

ソレッソがこうなってきたのはなぜか?とこれから維持・発展していくためには?

 

は、一回言語化しときたいなって前々から思ってたんで、

 

また色んな人に勉強させてもらいながら、まとめようと思ってるし、

 

そんな事も含め、

 

早まった2〜3年は、勉強と研修に努めようかなと。

 

サッカークラブ。特に街クラブは栄枯盛衰を繰り返す。

 

いつまでも、ソレッソらしく、高みを目指して、トップを走り続けるために、

 

自分の強みをチームのために注がないとな。

 

決断は苦手だし、できないんで、せいじさんに相談しながら、舵は切ってもらい、

 

しっかり船の運行に努める。

 

さらに忙しい1年になると思うが、縛られた方が自分らしいと思うんで、

 

イライラしながらも(笑)、頑張っていこう。

 

水戸ホーリーホックにいる先輩は、ドイツのハノーファーと提携して、

 

毎年若手をドイツに送り出す契約を交わしたという。

 

その話も聞いたが、ビジョンと関係性の作り方が秀逸すぎて、、、

 

自分の無知と、視野の狭さを知った。

 

街クラブの可能性も子ども達のように無限大と思う。

 

一歩先に進みたい。

 

という事で、、、

 

新年の志しは、新年らしく高い(笑)

 

順風満帆に行かない事は、これまでも、これからもあるだろうが、

 

やるしかないんでね。

 

まずは、、、

 

新人戦負けて、落ち込むんじゃなくて、変わったぞを見せないといけないから、

 

手取り早く分かりやすいブログを毎日書くようにしろ。そしたら、何とかフォローする理由はつけれるって、

 

天使のアドバイスをしてやったが、無視している竜馬ちゃんのお世話は、

 

ヒデ君に託し(笑)、

 

時間とパワーの使い方も考えるようにしたい。

 

ヒデ君任せた!!

 

皆さまにとって、今年も良い年でありますように。

 

責任を全うするために、年度末までは、年明けすぐ始まるフジパンにコミット。

 

悔しい思いをしてる子達もたくさんいるんで、その子達がもうひと成長するために向き合ってやらないとな。

 

けんたがキッズの時ずっと見てきてくれた学年。

 

春のうまく行かなかった時は、お前のせいだって冗談で言ってたが、

 

けんたのおかげで、今年不自由なく頑張れたのは間違いない。

 

相当頑張ってくれたんで、最後はけんたにもいい思いをしてもらって、ソレッソを卒業させてやりたい。

 

最後に、、、

 

竜馬ちゃん一人コーディネートできないんで、アカデミーコーディネーターだけは、ほんとに辞めてください!!!(笑)

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事