子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

アバター画像

優勝



マックスバリューカップは、見事優勝。



日曜の朝からさらに体調不良者が出て、

 

生き残った9名で3試合。

 

1試合空きのテンポでゲームも進むんで、体力的にもきつかったと思うが、よく頑張った。

 

スコア的にも、

 

4対0、4対2、5対2と安定して点が取れるし、安定して失点もするが(笑)

 

約束事の確認と、意識の共有は進んだようで、結果というよりも内容に満足いく大会になった。

 

準決勝は、2点のビハインドを背負い、後半10分までスコアは動かず。

 

でも、いい攻撃してるし、守備も集中してるし、負けてもしょうがないなって思ってたが、

 

残り10分で怒涛の4発。

 

ジャブが効いてて、1点入った後、雪崩が起きたように思う。

 

一番ポジティブだったのは、

 

悔しい思いをしっかりぶつけて2日間頑張った子がいた事。

 

優秀選手を各チーム1人ずつ選ぶんだが、俺が選んだのはその子。



県大会の準決勝・決勝は1分もピッチに立たせてあげる事ができず、

 

本人も悔しい思いをしてたんだろうが、本当にこの2日間は欠かせない存在として頑張ってくれた。

 

研太と、あいつこんなに上手かったっけ??

 

って言いながら見てたが、

 

暴れん坊達を動かす大事な歯車として(笑)役割を考えながらしっかり頑張ってくれたと思う。

 

初日に突き指して、絆創膏貼って、

 

大丈夫です

 

っていう奴だから、考えてやってたかは、定かではないが(笑)

 

その他の子達も、もちろん頑張ってくれて、

 

準決勝ではミスを重ね、不安定だった子が決勝で強烈なミドルを突き刺したり、

 

準決勝前半1対1でやられまくった子には、葉っぱかけて、

 

後半意地見せて1回くらい1対1勝ってこい

 

と言ったら、後半見事にシャットアウトしたりして。

 

ちょっとのきっかけで成長してくれる姿を見れたのも収穫だ。

 

インフルエンザに怪我。

 

チームとしては痛いが、こうやって少しずつみんなが成長してる姿を見ると、

 

離脱者が出ても不安に思ってはいけないなとも思う。

 

それくらいそれぞれの力は変わらないし、誰が出てもって感じだから、

 

ピッチに立つのは、コンディションを維持できた子って事になる。

 

子ども達にはプレッシャーかもしれないが、俺にとっては嬉しい悩みだし、

 

これから彼らが成長していく中で大事なのは、

 

しかるべき時にしかるべきパフォーマンスを発揮できる事なんでね。

 

Vファーレンの監督の松下さんとも話たが、松下さんはプロの世界に身を置いてた人。

 

本当にいい選手ってやっぱりそういう選手ですよね

 

って言われてたが、

 

俺もそう思う。

 

今回遠征に来てない子達が、もっと目の色変えて、さらに競争してくれると、

 

全国までの数週間で、またチームも個もひと伸びしてくれるはず。

 

ポジションは与えられるものじゃなく、掴むものだって思って頑張って欲しい。

 

やるべき子がしっかりやり切り、支えるべき子がしっかり支えて、

 

それぞれの歯車が噛み合って、

 

チームとしていい絵を描けてたように思う。

 

内容にも結果にも満足できたこの2日間は貴重だった。

 

全国大会まで約3週間。

 

一人の離脱者も出ずに本番を迎えたい。

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事