子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

アバター画像

バディカップ 完



2日間のバディカップも無事終了。

 

今年も、素晴らしい準備と、素晴らしい演出をしていただき感謝。

 

宿を探してもどこもなく、日帰りかと思ってたが、幼稚園も貸していただけた。

 

この遠征は、みんなで泊まるって事に意味があるからね。

 

4年生に向けて初めての8人制を経験する。

 

キッズ合宿とは違い、

 

ソレッソの遠征はこういう事を自分達でやらないといけませんの予行演習。

 

そのスタートとして、去年から参加させてもらってて、今年もいいスタートを切れたように思う。

 

結果は、見事Vは優勝で、



Fは初日1勝もできなかったが、

 

下位リーグで、堂々の準優勝。



Vには、決勝で試合に出れなかった子。

 

Fには初日Vだったが、2日目はFになった子。

 

逆にFからVに上がった子や、活躍してチームの優勝に貢献した子。

 

色んな感情がグラウンドにはあったように思うが、

 

その感情ってのを、これからの行動に活かして欲しい。

 

最後、話してる時に泣いてる子もいたし、笑顔の子もいた。

 

ほんと良い経験だ。

 

悔しければ、もっと努力し、嬉しかったら、もう一度その喜びを味わうために努力し、

 

結局、これが日常にどう繋がっていくかが重要。

 

今からの積み重ねでいくらでも変わる。

 

高みを目指そう。

 

2日間は、運転手のおじさんと、ピッチ外の管理人に徹し、

 

Vは研太に任せ、Fはまさきに任せてたが、

 

二人とも子ども達にしっかり向き合ってくれて、

 

特にFの方は、初日ウォーキングしてる子が多数いたが(笑)

 

2日目はみんな走るを覚えて(笑)、頑張っていたように思う。

 

まさきナイス。

 

Vの方も、初めての8人制だったが、

 

しっかり研太がコントロールしてくれて、しっかりサッカーになってたように思う。

 

研太は俺らに付いて回ってるからね。

 

8人制を理解してくれてる。ナイス。

 

Vの方で感じた事は、

 

上の学年で揉まれてる子達の存在感が抜群だった事。

 

すでに4年生で試合に出てる2名は、

 

別格の存在感だったと思うし、

 

練習は4年生と一緒にやってる2名も、違いを作れるポイントになってた。

 

カテゴリーアップの必要性を感じたし、

 

その子達が、そんな存在感を持ってたんで、周りの子達もそれに応えるように躍動する。

 

唯一、1試合目の前半が終わった後、

 

4年生で試合出てる子に、

 

お前がそんくらいの存在感だったらダメだろ。もっと走って戦って違いを見せて、チームを引っ張れ

 

ってダメ出ししに行ったが、

 

次の試合は、その子が無双して(笑)、

 

そしたら、みんなのギアが確実に上がった。

 

チームってそんなもんだし、

 

俺だってあいつに負けないくらいやってやるってなって、

 

みんなが欲深く成長してくれたらいい。

 

終わったあとのみんなの感情を感じながら、

 

ソレッソって、欲深くどんどん高みを目指すべきクラブだよなって思ったし、

 

これを自分のために活かせれば、最高の成長環境だし、

 

逆に、、、

 

どうせ俺はって思ったら、キツくなる環境なんだなって思ったりもした。



来年は、3連覇がかかる。

 

もうまさきは、ソワソワしている(笑)

 

毎年、祝日にある全日の決勝終わって、その週の土・日がこの大会。

 

俺は、来年も鶴丸さんに祝勝会してもらうために、全日優勝して乗り込まなくては(笑)

 

バディのチアダンスの子達のハーフタイムショーもあり、

 

全チームが決勝を見てくれる環境もあり、

 

表彰後の素晴らしい写真もあり、

 

バディだからできる大会って感じだ。

 

スタッフの皆さん大変だったでしょうがありがとうございました。

 

また来年もよろしくお願いします。

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事