子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

アバター画像

優勝・共頂



昨日は家に帰ってじっくり日本シリーズを観戦。

 

阪神の優勝で幕を閉じた。

 

歓喜の瞬間は、やっぱり素晴らしく、38年ぶりの日本一。

 

我がチームでもないし、ファンでもないんだが、月日の長さやら何やらを感じると、

 

あの瞬間を見るだけで、スポーツの持つ素晴らしさや価値を受け取る事ができる。

 

関東大学サッカーリーグは、2節残して母校の筑波大学がぶっちぎりの優勝。

 

6年ぶりか。

 

SNSで繋がってるOB達はこぞって喜んでたが、俺もその一人で、

 

あの何にも変え難い4年間の濃さがあったから、我が事のように優勝の喜びを噛み締められる。

 

歴史・伝統。

 

それらは、勝利の味をまた格別なものに変えてくれるし、

 

支えてくれる力というものを感じる事ができるし、

 

よりスポーツの価値を感じられるのかなと。

 

ルヴァンカップはアビスパが優勝。熊本の高校サッカーは次が決勝。全日も今月には優勝が決まる。

 

どこそこで起こる歓喜の裏に、

 

悔しさが溢れてるのもまたスポーツの良さで、どこそこでそんなシーンが数多く見られるのが今の時期。

 

心踊らされたり、不安になったりするが、

 

たまらない快感を得るために、

 

悔しさよりも、歓喜の瞬間に目を凝らし、俺らもって思ってるのが正直な気持ちだ。

 

この気持ちは、コミットしているから、得られる感情だと思ってる。

 

出て満足。試合して満足。負けてもいいから。

 

そんな気持ちは1ミリもなく、

 

何がなんでも掴みたい。

 

そして、歴史・伝統を繋いでいくためには、掴まないといけないというプレッシャーや責任もある。

 

弱気になってはダメだと子ども達にも言い聞かせてるが、俺自身もそうでなきゃいけないと思ってる。

 

優勝してもホッとしたが、最近は多くなってきたし、もし今回優勝を勝ち取っても、

 

そんな気持ちになるんだろうなって思ってるが、

 

優勝した瞬間の喜びは、必ずあって、

 

子ども達、保護者の方、応援に来てくれる仲間達の顔を見ると、

 

ホッとしたが、やったぞ〜!

 

ってなる。

 

優勝は素晴らしい。

 

昨年は不覚にも優勝した瞬間に腰が砕けて、思わず涙してしまったが、

 

歓喜と安堵が入り混じるあの瞬間は、

 

ソレッソのコーチだからこそ味わえる優勝の味で、今回も何としてもあの味を味わいたい。

 

チャレンジャーなんだが、歴史と伝統がチャレンジャーにさせてくれない重みを運んできて、

 

少々厄介なんだが(笑)、

 

打ち勝っていくのが、スポーツの醍醐味なんでね。

 

負けないように、優勝だけを見据えて、最高の瞬間を迎えたい。

 

昨日も自信を積み重ねる調整ができた。そう言い聞かせて、

 

今週も最高の準備を。



今年の筑波大学のスローガンは「共頂」だったようだが、

 

共に頂をめざす。

 

俺らも共に頂を目指そう。

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事