子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

アバター画像

リーダーシップ



最近、痩せましたねって言われる事が多い。

 

痩せましたねのキラーワードは、ヒデ君やシゲちゃんにとってはプロテインなんだろうが、

 

筋トレして、少しでも大きく見せたい俺にとっては、ノープロテイン。

 

今日の朝コンビニに寄った。

 

ノリが良いおじちゃんがレジにいて、

 

板前さんの

 

へい、いらっしゃい!

 

ばりのテンポで対応してくれるんだが、

 

その定員さんが、バルクしてますねぇって話しかけてきた。

 

バルクとは、筋トレ用語のバルクアップの略語なんだが、

 

そのキラーワードこそが、俺にとってのプロテイン(笑)

 

言われて、ちょっと照れた。

 

朝からの気持ち悪い話だったんで、パッと明るくなる話題を。

 

昨日の練習も、活気があって良かった。

 

その明るさを持ってきてくれるのが、ある子なんだが、

 

一人その子がいるだけで、練習の雰囲気がガラリと変わる。

 

さぁいこうぜ!だったり、俺が喋った後、少しの反応をしてくれるだけなんだが、

 

その子がいると、周りの子ども達もこぞっていい声を掛け合う。

 

もちろん、トレーニング中のあらゆる場面で声を出してもくれるが、

 

やっぱり声ってのは重要で、その声ひとつで、プレーにアグレッシブさが出てくる。

 

この学年を受け取る時かな。

 

リーダーシップを発揮して欲しいと思い、

 

お前にはこんな役割もあるんだぞ

 

を伝えたが、

 

最初の頃は、正直全くその役割をこなせない。

 

いくつかの遠征の時も、その子だけじゃなく、他の子も含めて、

 

その役割について、何回か同じ事を伝えてたが、

 

ようやくリーダーシップなるものが備わってきたように思う。

 

そうなってくれたのは、1つは、根が真面目という部分があるんだろうが、

 

悩んだ事もあっただろう。

 

少しずつ殻を破って、自覚が出てきたように思う。

 

プラス、プレーが安定してきたってのも、その要因だ。

 

特に、ワーチャレを経験した後くらいから、その子は急に伸びてきているように思う。

 

プレーに余裕が見られるし、自信が見えるし、

 

ちょうど昨日の練習で、5年生の暴れん坊君にも、

 

あいつのプレーを参考にしろ

 

って言ったんだが、メリハリあるプレーは、参考になるはずだ。

 

ちょっと脱線した。。。

 

まぁその子だけじゃなく、それぞれの子が、色んな事を思い、

 

自分を変えたい、もっと成長したいって思って練習に来てくれてると思うが、

 

きっかけ1つで、グンと伸びるってのは、ジュニア年代の子ども達の大きな特徴。

 

もちろんその逆で、あるきっかけで、グンと落ちていく事もあるんだが、

 

良く言えば、柔軟で、悪く言えば不安定。

 

気持ち1つで、変われる・変わる事ができるんでね。

 

もがきがあっても、何かのきっかけを掴むアンテナは張っておいて欲しい。

 

もう一人最近伸びてきたと感じる子もいる。

 

悔しい思いをしてる子だが、明らかにプレーの質は上がり、余裕が出てきた。

 

4月からこれまでを振り返ると、ちょこちょこグッと伸びる瞬間を、

 

何人かの子から感じてきたんだが、

 

そんな瞬間が、チラホラ見れるのも、うちの特徴だと思う。

 

そこには、競争があるんだが、

 

それがあるからこそ、少しの気づきやきっかけが、プラスに働いてくれるように思う。

 

辛くて、落ちていく事もあるんだが、諦めずにやればって事。

 

これから冬に向け、またひと伸びしてくれる子がチラホラ出てくると思う。

 

今日も楽しみにしておこう。

 

おかげさまで、クリニックの方が定員に達しました。

 

キャンセル待ちを受け付けますので、ご興味ある方はぜひ。

 

これからも、ちょくちょく、子ども達の何かのきっかけになるようなイベントを提供していきます。

 

基本インスタで告知してるんで、フォローよろしくお願いします。

 

たくさんのご応募ありがとうございました。

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事