子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

アバター画像

なにがなんでも



本日は5・4年生を連れてアビスパ蜂祭りin八女へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アップ前に、オンとオフの部分でアンテナ張って行動することと、自分の頑張る基準をひとつ、ふたつでも上げれるように2日間過ごそうと話をしてスタート。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな話をして、遠目からアップを眺めるもなんとなく人の流れについていき、なんとなーくアップをこなしている選手たち。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

試合では目の色変えてやるのか!?

 

 

 

 

 

 

とも思ったが、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけでもなく、案の定、人任せ集団。。。

誰かがやってくれるだろう。誰かが助けてくれるだろう。誰かが守ってくれるだろう。誰かが点取ってくれるだろう。誰かが頑張ってくれるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

この、

 

 

 

 

 

 

 

 

「誰かが、、、、」

 

 

 

 

 

 

 

 

って、思ってピッチに立ってる選手が大半。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そりゃ〜そういう考えだから決断に迷いが出てしまい全てにおいて後手を踏んでしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

もっともっとチームの中の選手の1人としての自覚とプライド、、、意地、なにがなんでもやってやろう、、、、っていうマインドに物足りなさを感じた。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は40分✖︎2試合と30分✖︎1試合とおかわり試合でたくさん試合をし、その後は彼らの自発性と心にアプローチするためトレーニングとタフな1日になったと思うが、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

選手たちの本気度と主体性の部分をやれないんだったら意地でもやらせるぞと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソレッソというチームのベースも、再確認することができた日になったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

ここまではOKだけど、ここの一線を超えたら俺は譲れないよ、、、

 

 

 

 

 

 

 

っていう線引きも選手達に伝えることができた。

きついことも言ったしきついこともやらせたが、楽しようとするのは簡単。父ちゃん母ちゃんに甘えるのも簡単。ピッチ内外で、もっともっと主体的に考えて、いまなにをやるべきなのかを思考し判断して行動できるようにならないとな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日の変化に期待だ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、、、試合の途中から薬も効かずすごい頭痛に襲われていたのだが、、、笑

(点を取られすぎて、、、ではないと思うが笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕飯の際に、この美味しそうに食べる表情を見たら元気が出てきましたよ笑笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではでは、おやすみなさい〜

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事