子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

アバター画像

すふ、見る、支える



昨日は、天皇杯ロアッソ対琉球の運営手伝い。

 

15:00に集合し、16:00〜横断幕掲示の説明から、設置指導。それからプログラム販売して、スタジアムの見回り。

 

昨年のせいじさん情報を参考に、臨戦体制で説明したが、

 

とりあえず琉球サポーターは来ず。(さすがに平日沖縄からは難しいか)

 

ロアッソサポーター側にまわったが、ロアッソサポーターの方々はとても素晴らしく、

 

むしろ、一緒に仲良く喋りながら、横断幕掲示を見守った。

 

ファン心理というものには、少しの理解はあるつもりだが、

 

俺のファンレベルは、例えば大相撲の取り組み結果が気になるとかその程度で、

 

サポーターとなると、「熱狂的な」ファンなんで、そこのファン心理については、

 

どうも理解が及ばない部分があるが、話してみると、

 

ファン心理とともに、ファンの存在の大きさと、支えるスポーツの重要さを感じる。

 

スポーツの関わり方には、「する」「見る」「支える」があると学生の時教わったが、

 

昨日の運営もたくさんのボランティアの方が裏方を支えて、選手は勝利のために躍動し、それを見る人達が存在する。

 

少年サッカーにおいては、見ると支えるが同じだったりするんだが、

 

ファン心理をクラブ愛とするならば、

 

そこを育てるのために俺らスタッフがやるべき事、保護者の方の考え方の在り方はどうあるべきか?

 

その辺をお互いがサッカーを通して理解できると、

 

昨日の話ではないが、地域に根差したものの積み上げと、そのコアな取り組みが、文化作りの一歩になるのかななんて思ったりした。

 

簡単に言うと、スポーツは素晴らしい!!

 

サポーターの人だけに限らず、おじいちゃん、おばあちゃんが、

 

たぶんサッカーはあまり理解されてないんだろうけど、

 

カモンロアッソを全力でやったり、手拍子したり、声出したりしてるのを見ると、

 

プレーする側の姿勢はどうあるべきか?

 

まで考えが及ぶ。

 

昨日のゲームは、前半2対0で琉球がリードしてて、今日はロアッソ負けだなと思ってたが、

 

後半盛り返して2対2に追いつきPK勝ち。

 

サポーターの力と、選手の頑張りと、

 

良いものを見せてもらったという満足感半分に、帰りが遅くなるというイライラが半分(笑)

 

子ども達もスタジアムに足を運び、色んなものを感じれると、

 

もっとサッカーが好きになったり、取り組みが変わるんじゃないかと思った。

 

運営の準備してたら、

 

昨日の副審が大学の先輩でばったり。



教員をやられてたが、教員を辞め、審判しながら色んな仕事を手掛けてるそう。

 

少ししか話せなかったが、俺の周りには変人が多い(笑)

 

佐世保に住んでるらしいから、ソレッソ長崎と何かやってもらおうかな(笑)

 

弁当の支給があって、食べたが、それでは足りず、

 

昨日の相棒ブレイズのリクを連れてスタグル散策して、

 

たこ焼きとポテトを買ってやったが、



たこ焼きを米粒のようにパクパク食べ、

 



ポテトは麺をすするかのようにパクパクと、、、

 

一瞬で食い散らしやがった(笑)

 

痩せるはずない。。。

 

今日はやっとチーム練習。身体は疲れてるが、気持ち改め頑張ろう。

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事