子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

アバター画像

次に向けて



2日間の中津江遠征が終了。

 

結果、VはリベルタにPK負けし、F・Gは下位トーナメントで決勝をやり、

 

優勝・準優勝のフィニッシュ。

 

じっくり観察したい2日間だったが、2日間ともVとFの試合時間が重なり、

 

Fの子達は数試合しか見れなかったが、竜馬に色々聞きながらという事もあって、大体の全体の力は把握できたように思う。

 

感覚的には、スタートは良好で、今年の6年生の一年前と比べると、あまり変わらない。

 

むしろ、良くなる要素は、5年生の方があるのかな?というのはあって、

 

それは、身体的な部分であるんだが、

 

チーム全体の意識や、リーダーシップなんかを見ると、

 

1年後の姿は、まだまだ想像の範囲内。もしくは、ちょっと下振れするかもしれないといった感じだ。

 

あの子がこうなれば、

あの子がこうならないと

 

っていうのをざっくり掴めた気がするが、もっと発信できる強さがないといけないのかな。

 

今年の6年生は、そこがあったように思う。いや、そうなってくれたと思う。

 

最終学年になった1年間の伸びは凄かったように思うし、

 

「このくらい」を越える成長曲線を描いてくれた子が数名出てきてくれたし、

 

5年の時、預かった時は、

 

今だから言えるが、必死こいたら何とかゲームになるくらいのもんだったが(笑)

 

ちょっと余裕があるくらいの自信は持てるようになった。

 

結果は、そこそこだったが、

 

相手がやり合って勝てるって思うチームじゃなく、

 

やり合ったら負けるから、何とかして勝てるように戦術を変えなければいけない。

 

そう思わせれるようになったのが、結果からは見えない成果だったように思う。

 

それもこれも、そうなったのは、おそらく一人一人の意識の高さだったように思うし、

 

そこが、今の5年生には足りない気がしてて、

 

はじめましての2日間だったし、まだ練習を1回も見てないんで、

 

感覚的にはになってしまうが、

 

おそらく、そうだと思う。

 

つまり、、、

 

竜馬が、猿のくせに、予想以上に仕上げてくれてバトンパスしてきたんで、

 

まあまあプレッシャー(笑)

 

こんくらいでしょ

 

って割り切ってはいけないと思うし、

 

サッカーの質的には、思った以上に高いんで、こっから1年、

 

6年生達みたいに伸びるかどうかは、俺自身にプレッシャーかけながら、責任持ってやらないといけないと思ったところだ。

 

5年生の保護者の皆さま、挨拶遅れましたが、1年間よろしくお願いします。

 

竜馬みたいにブログ書かず、この学年どうなってだってはならないように、

 

毎日ブログは書きますので(笑)、

 

あ〜そうなんだねって、子ども達を見守っていただければと思います。

 

竜馬をフォローすると、、、

 

ベールに包まれてた5年生の取り組は、間違ってなかった。むしろ、保護者の方が思われてるよりもポジティブだったと思います。

 

(なんで猿のフォローを俺がせなんとや。。。ちゃんとブログくらい書けよ、猿が笑)

 

という事で、

 

木曜から本格的なスタート。

 

良い集団があって、個が成長する

個が成長するから、良い集団になっていく

 

と思ってるんで、

 

まずは意識改革。いやずっと意識改革。

 

高みを目指して、いつもまだまだだって思える貪欲な集団にしよう。

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事