子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

アバター画像

面接



先日、バスの運転手さんの面接をやった。

 

indeedで募集ページを作って、採用の応募があり、細かいやり取りしながら、

 

5人応募があった中で、最終的に面接させてもらったのは2名。

 

採用の面接官なんてした事ないし、そもそも、そんな堅苦しい感じのものでもなかったんで、

 

ざっくばらんに話しながら、最終的に1名を決定。

 

面接に来られた方からすれば、少し拍子抜けしたものだったと思うが、

 

まぁ、一応面接という名の最後の採用作業を終えたところだ。

 

面接でよく聞かれる

 

なぜこの仕事を選んだんですか?

なぜそれをやりたいんですか?

 

こんな質問は、必ずと言ってある質問だと思うが、

 

これは相手の動機がどこにあるかを探すもので、一番大切な部分。

 

だが、動機と結果が結びつかないと、仕事をする上では、うまくいかなくなる事も多くあるように思う。

 

お二人とも、面接なんで、ものすごく採用されたいって気持ちを感じる事ができた。

 

むしろ、今回不採用にさせていただいた方の方が、自己アピールはうまかったのかもしれない。

 

でも、、、

 

採用させてもらったのは、後1名の方で、簡単に理由を言うと、

 

突発的に休むリスクが少ない。

突発的な事に対応できる余裕があられる。

採用期間が長期になった場合、長く続けていただける。

 

仕事をしていただく上で、こちらが求める結果を出してもらえるのが、

 

採用した方の方かなという事だ。

 

不採用にした方に関しては、すごく申し訳ない気持ちでいっぱいなんだが、

 

その気持ちをメールに添える事はできない。

 

厳正なる選考の結果不採用となりました。

 

この一言になってしまう。

 

高校受験もようやく終盤に差しかかり(もう終わったのかな??)、大学もつい先日、二次試験が始まりましたのニュースを見たばかり。

 

うちもセレクションを終え、

 

この時期にある合否における感情の揺れを色々感じてしまう。

 

合否あるものへのチャレンジは、それを幸なのか、不幸なのかと括ってはいけないのかもしれないが、

 

感情と照らし合わせると、幸と不幸になってしまうんだろう。

 

俺も大きな挫折を経験した事がある。

 

ちょうど熊本国体の年に重なる年代だったんで、小4からそこに向けて高校3年生までの9年間。

 

ずっと強化選手としてセレクトされながら、そこに出れるんだろうなって思ってたが、

 

最後の最後で落選。9年の積み重ねは、一瞬で終わりを告げる事になった。

 

どうしようもないくらい落ち込んで、当時受験も控えてたんで、勉強もしないといけなかったが、

 

もちろん手につくはずもなく。。。

 

大学でもう一度サッカーを一生懸命やりたい

 

っていう中3の時の高校選びの決断が間違ったと思うくらい、自暴自棄になってしまったが、

 

両親のしょうがない。だったら大学にしっかり合格しなさい。

 

この一言で吹っ切れて、ラストスパートで成績が一気に伸びたような気がする。

 

今振り返ると、

 

両親には、矢印を外に向けず、こっちに向けてくれた事に感謝という気持ちでいっぱいだ。

 

その時は、当然、

 

両親含めて、絶対見返してやる

 

ってなってたけど(笑)

 

まだまだ挫折エピソードをあげればキリがない。

 

結局、浮き沈みしながら成長していくもんだと思うと、少しポジティブになれるんかな。

 

さて、そろそろ仕事でも始めよう。

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事