子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

時間感覚



昨日はモデル地区トレセンの日だったが、

 

朝の段階で、一昨日の雪の影響での道路の凍結。低温という事もあり中止。

 

久々に水曜練習に立った。

 

水曜は、6年生は3人のみで5年生と一緒に竜馬に見てもらっている。

 

90分間の練習時間は、練習させればあっという間なんだが、

 

もうそろそろいい時間だなって思って時計見たらまだ45分しか経ってなかった。

 

時間の感覚ってすごい。

 

毎日時間という縛りの中で生活している。

 

ある程度ルーティン化しているんで、時間に囚われてるんだが、

 

染み込んだ時間感覚は正常で、一日一日は淡々と過ぎていく。

 

大体昼飯かなと思ったら、そんくらいの時間だし、もうそろそろ送迎かなと思えばそんくらいの時間。

 

でも、時間感覚にはめっちゃ個人差がある。

 

学生の時、入学してから2ヶ月は新入生はフレッシュマンコースと言って、

 

朝練だけの練習に限られてた。

 

受験勉強でコンディションが落ちまくってるから、それを取り戻すための2ヶ月。

 

朝6:30くらいから練習が始まるが、早い者は6:00くらいにグラウンドに着き、

 

準備を始める。

 

もちろん俺もそんくらいに毎日グラウンドに行ってた。

 

だけど、遅い者は、ほんとに毎日練習時間ギリギリ。

 

昼休みに1年生はグラウンド整備とライン引きをしないといけなくて、

 

みんなでやると20分で済む作業を、遅刻したら1人でやらないといけない罰があったが、

 

遅刻常習者は、それでも遅刻を繰り返し、

 

何度も地獄の1人グラセン、ライン引きを2時間くらいかけてやってた。

 

罰がぶら下がってても治らないから、やっぱり時間感覚は人それぞれ。

 

時間にルーズは嫌がられるが、時間にうるさいのも嫌がられる。

 

あんまり人の時間感覚を気にしないようにしないとな。

 

人に迷惑がかからない程度くらいを許容範囲にできるように。

 

昨日は、チラホラ色んな学年を見てたが、

 

それぞれ少しずつ成長していると感じる。

 

特に、キッズは、まだ興味もなかったような子が、一生懸命やるようになってたり、できる事が少しずつ増えてたり。

 

成長の過程を追える事は、指導車としては、指導の醍醐味と思える部分だ。

 

でも、この醍醐味も、時間の感覚があって、

 

いつも見てれば、変化が見えづらく、たまに見ると変化が大きく見えたりする。

 

いつも見てる子達なら、時間軸を延ばして遡る事が必要で、これもまた時間の不思議。

 

老後、俺の生活はどうなるんだろう

 

って考える時がある。

 

無趣味だけど、何かないと落ち着かないし。

 

きっと、何時に起きて、何時に散歩行って、何時に飯食って、何時にこのテレビ見て、何時に寝る

 

ってなるんだろう。

 

つまらないジジイになりそうだ。

 

こうなると、ボケるのも早い気がする。

 

竜馬みたいに、気まぐれに誕生日アピールブログ書いて、

 

その後はしっかり書かないみたいな自由人になりたい。

 

うそ(笑)

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ご案内
新中学1年生セレクションのご案内
×