子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

最終日



昨夜は、自由を与えてあげて、

 

何時に寝た?って今朝聞いたら、みんな22:30くらいって言ってた。

 

お利口だ。

 

今日で5泊6日の遠征が終了。

 

負けた後の2日間は、超絶に長く、寂しがり屋なんで若干ホームシックにかかり、

 

今日の決勝もいち早く熊本に帰ってYouTubeで全然オッケーという感じだったが、

 

スタジアムに移動し、観戦。

 

観戦後は、やっぱり来て良かったが、

 

大体のお決まりフレーズになりそうなもんだが、そんな事は今回はなく、

 

なんか冷めた感じ。

 

たらればを言ってもしょうがないが、

 

3日前まで時計を戻したい。

 

今回で最後になるこうさく。

 

試合中はずっとベンチに入り、最後まで子ども達のサポートを頑張ってくれた。

 

しっかりベンチで声を出し、的確に指示を送り、ほんとバイトか?って思うくらい一生懸命で。

 

全国に連れてくる目標は達成できたが、

 

こうさくにもっといい結果をプレゼントしてやりたかったな。

 

こうさくから聞いたんだが、

 

ある子が負けた後、

 

「こうさくコーチ、勝てなくてごめんなさい」って言ってきたようだ。

 

それだけ、子ども達と向き合ってくれてたし、子ども達もそれが分かってるんで、

 

なんとか結果で恩返ししたかったんだろう。

 

子ども達は純粋でピュアな心を持っている。

 

それを表現できるかできないかは個人差があるが、想いが届いてるなら、

 

色んな形で返してくれる。

 

試合が終わったあと、気持ちの整理がつかず、ゆっくり話せたのは、

 

少し子ども達も気持ちが落ち着いた夕食時だった。

 

その時、俺の話を聞きながら、何人かの子は、真っ直ぐな目で俺を見ながら泣いていた。

 

俺はそれを見て、ほんとこの仕事は向き合う分だけ返ってくるものが多い価値あるものだと思ったし

 

こうさくも同じく、

 

もっといい景色が見たかったと思うが、

 

子どもから貰った言葉が最後の最高のプレゼントになったはずだ。



ともに戦った宮崎の子達と記念撮影。

 

そして、俺らは恒例の桜島SAで記念撮影。



こうさく、いい笑顔だ。

 

竜馬、やっぱりイラつく(笑)

 

もうすぐ家に帰れる。

 

ヒデ君とミスチル聞きながらまったり帰ろう。

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ご案内
新中学1年生セレクションのご案内
×