子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

自分(達)らしく



昨日の練習試合は、いい感触が残ったまま終わることができた。

 

久々クレーグラウンドでやったなぁ

 

という贅沢病にかかってしまってるのだが、

 

贅沢病にありがちな、いつも通りにいかなくてイライラするという事をはなく、

 

やるべき事を真面目にやり続けていた子ども達を見ると、

 

こいつらも、

 

そんな事言ってる場合じゃない。やるべき事をやるだけだ

 

って思ってるに違いないと感じる。

 

俺も俺で、

 

いつも通りやれない事もしっかり許容する事が今日は大事

 

って言い聞かせてたんで、

 

小さなミスをつつく事もなく、ミスをした後の振る舞いがどうかを観察してた。

 

何ヶ月ぶりかにやったソレッソ宮崎は、相変わらず強度が高く、

 

サガン鳥栖は、相変わらずの上手さがあり、

 

バディは、相変わらず戦う集団で、

 

1試合1試合が、とても貴重な時間だった。

 

来週に向けてのシュミレーションをしつつだったが、三者三様のチームとできた事で、

 

頭の整理もできたし、昨日のイメージをもって来週臨めたら、

 

良いゲームは間違いなくできると思う。

 

子ども達には、

 

ここから先は、いかに自分達でやれるかがポイントだと伝えている。

 

リーダーシップを発揮する事ができる子いれば、黙々とプレーできる子もいるし、ムードメーカー的な子もいる。

 

それぞれのキャラクターがあるんだが、自分がやれる事にしっかりフォーカスして、

 

それがチームのためになるには、コミュニケーションを取りながら、

 

しっかりまとまっていく事が大切だ。

 

もちろん、俺もあーだこ〜だは言うんだが、ピッチに出してしまえば、

 

後は、子ども達を信頼するしかない。

 

それが、やっとできるようになってきたし、

 

できるようになったというより、その方が良いというのが、最近の感触だ。

 

ちょっと心配してた子も、昨日のゲームでは、何がきっかけか分からないが、

 

劇的に良くなってたし、

 

先週、ちょっと会話をしたくらいだが、深く突っ込みすぎず、

 

さらっと気にかけてるのを伝えただけだったから、良かったのかもしれない。

 

真面目な子なんで、自分なりにメッセージを受け取って消化してくれたんだろう。

 

結局は、自分(達)の中で、湧き上がるものを、自分(達)のスタイルで表現する事が何よりも重要だと思う。

 

言われてやる、やらされてるうちは、やっぱりどこか不安定。

 

自分(達)らしさを貫く事。

 

大切にして欲しい。

 

昨日、負けてしまったジュニアユース。

 

悔しい結果になってしまったけど、お疲れさん。

 

これからは、新たなステージに向けての準備期間になる。

 

すでに推薦の話やらチラホラ出てて、安心している子もいれば、

 

完全に切り替えて、受験に向けて勉強する子もいるだろう。

 

決まってるなら、今まで通りサッカーに打ち込んでもいいと思うし、せっかくだから、

 

自分に鞭打って勉強を頑張ってみるのもいい。

 

受験が控えてる子は、必死に今まで注いできたサッカーへのエネルギーを勉強に注ぐのは当然。

 

できると思うぞ。

 

それもこれも自分次第。

 

一区切りついて、もぬけの殻のようににだけはならないようにな。

 

今までよりは、確実に自由な時間ができる思うんで、貴重な残り少ない中学生活を自分のために。

 

そうすれば、次のステージでも頑張れるはずだ。

 

週間天気予報を見ると、土・日に雨マーク。

 

今週運動会の我が子は、テルテル坊主を作ってるが、俺も晴れのピッチで試合がやりたい。



どうか晴れますように。。。

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ご案内
新中学1年生セレクションのご案内
×