子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

みずも痘



自分の歳をなめてはいけない。

 

これ、昨日の教訓ね。

 

昨日は、息子と娘を連れてプールに行ったんだが、流れるプールに流される事約1時間。

 

見事にパワーを使い果たして、プールごときなんだが、身体がダルダルになってしまった。

 

プールって、楽しいんじゃなかったっけ??

 

おかげで、帰ってからすぐ爆睡。

 

歯医者の予定だったのに、昼寝から起きたのは予約していた時間。

 

急いで、すいませんの電話して歯医者に息子を連れて行く事になった。

 

歯医者に行くと、

 

ちょうどジュニアユース一期生のけんしんに遭遇。

 

仕事の事も色々話したが、バイタリティがあって、立派な社会人になってた。

 

偶然すぎる再開だったが、元気そうで何より。

 

しっかり充電して帰れよ〜!!

 

今日は、事務作業に勤しむ予定だったが、急きょ午後から4・5年生を連れて鹿北小まで。

 

6年の練習は間に合わないんで、せいじさんにお願いして、

 

DUROとの練習試合をやってこよう。

 

今週1週間が終わると、いよいよトビゲリカップに6年生10名を連れて出発。

 

長期遠征一発目は、4年生が長野の菅平に行ってる。

 

という事は、6年生は第二陣って事になるか。

 

6年が出発して数日後には5年生もトビゲリに出発し、6年生と5年生は入れ替わり。

 

各カテゴリーで長期遠征が組まれ、それぞれが刺激を持って帰ってくると、

 

またグラウンド全体が活気に満ち溢れてくれるだろう。

 

よく、ソレッソの練習を見に来た人は、雰囲気に活気があると言ってくれる。

 

子ども達の人数も多いし、各学年にスタッフがいるってのもあるが、

 

やっぱり一番は子ども達が発するエネルギーだ。

 

競争があり、子ども達はヒリヒリしてるところもあるかと思うが、

 

それが活気を生み出してくれているのは間違いない。

 

だからこそ、遠征に行った子達は、そこまで自覚して刺激受けたものをチームに還元して欲しい。

 

今日は、せいじさんにしっかり刺激を入れてもらって頑張れ!

 

モチベーションが上がって遠征に行けるといいな。

 

国内で初のみずも痘感染者が確認された。あっ、サル痘ね。

 

俺はいつもサル本さんの隣にいるんで、免疫力はバッチリ。

 

サル痘の主な症状は、やるべき事をすっぽかす事と、やれてる感を出す事と、寝坊することなんだが、

 

最近は、猛威を奮ってたウイルスもヒト免疫に侵されはじめ、力を失ってきている。

 

サル痘怖くない。

 

そんなサル本さん率いる5年生は今日からトリニータカップに出発。

 

サル痘症状のやるべき事をすっぽかすがないように、ちゃんとブログを更新するか経過観察をしておこう。



なんかイラつく(笑)

 

サル痘の症状に、人をイラつかせるもありそうだな。

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031