子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

きっかけ



学童Gの写真をいただいた。









五木源パークの芝は、めちゃくちゃ良い印象だったが、写真を見る限り、

 

やっぱり最高とまでは言えないな。

 

天然芝の基準が、綾のグラウンドになってるからそう見えてしまう。

 

綾の主は、昨日背中を丸めて、熊本にやって来てた。



俺の足見て、もう歳っちゃが〜。てげだせ〜っちゃが〜って言ってたが、

 

ダダンもサッカーやったら、すぐ怪我するはず。

 

ダダンも今年40歳。若作りして髪染めてるけど、残念ながら爽やかさが不足しすぎてて、俺よりおっさんに見える。

 

おとなしく、綾でサッカーしときなさい。

 

昨日は、午後からサガン鳥栖と練習試合。

 

今週を迎える前に、強度高い相手とやれるのは、ここから先厳しくなるであろうゲームの前にはうってつけの相手でわざわざ行く価値があった。

 

1ヶ月前くらいにやった時とは、プレッシャーが別もんくらいに厳しくなってて、

 

自由にプレーさせてくれない。

 

こっちも、負けじと身体を張り、ハードワークして何とか人数かけてボールを奪いに行くけど、

 

剥がされる場面もしばしば。

 

攻守において拮抗してて、緊張感ある時間は十分すぎるシミュレーションになったな。

 

もうひとオプション欲しかった選手起用についても、目処が立つものが見えたし、

 

備えあれば憂いなし

 

で、状況によって、または相手によって、打つ手を変えれる準備も整ったつもりだ。

 

感じて安心を少しでも得たかった内容の方も良かったし、結果の方も3試合半を全て勝ち。

 

この強度と上手さある相手に、粘り強くやれたのはきっと自信になっただろう。

 

ただ、相手のエース君は昨日ジュニアユースの方に招集されてていなかったんでね。

 

彼がいたら、内容も結果も変わってただろう。

 

手応えはあっても満足してはいけない。

 

良いイメージを都合よく解釈して、今週の準備に活かすだけだ。

 

F・Gもさっそく昨日から再スタートを切っている。

 

1日明けて、気持ちの整理はついただろうか?

 

一旦、矢印を自分に向け直して、課題を整理し、昨日の練習に臨めた子はきっと変われる要素がある。

 

いつもと同じ気持ちでやって来て、何となくこなした子は、ここから先成長するのに時間がかかるだろう。

 

何かをきっかけにして好転する事は良くある。

 

しかも、感情に訴えかけられた事実が、そのきっかけとなれば、

 

きっかけの力は、もっと強いものになる。

 

それぞれ負けて泣いてた悔しさ。それは、感情が動いてる証拠で強いきっかけになり得るんだぞ。

 

それを活かすのか?そのまま感情だけ動いて終わったものにしてしまうのかは、自分次第。

 

今週もそれぞれの立ち位置の中で、それぞれが少しでも成長できるような姿勢で練習に来て欲しい。

 

Vは公式戦に向けて。

負けたF・Gの子達は、新たな目標を設定して。

 

今週も頑張ろう!!

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930