子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

プレッシャー、負荷、強度



昨日は、中学の練習がフィジカルトレーニングの日。

 

龍が気を遣ってくれて、コートをあけてくれたんで、

 

11人制コートに8人制コートを2つ。

 

予定では、45分トレーニング。残り45分ゲームくらいの時間配分を考えてたが、

 

せっかくなんで、ゲームする事に時間を費やした。

 

全部で15分✖️4本。

 

負荷がかかる1日になったが、土曜は練習試合含めておそらく一人1試合程度。

 

日曜は雨でオフ。

 

そう考えると、昨日負荷ある内容で過ごせたのは悪くない。

 

むしろ、時間と強度が確保できた事はプラスに働くと思う。

 

今日も、コートは広いんでゲームを中心に負荷を上げ、

 

木・金で少し負荷を落とすような配分を考えとこう。

 

先週の金曜と昨日。

 

金曜は、フィールドプレーヤーとしてピッチに立ち、昨日はキーパーを買って出てくれたせいじさん。

 

だいぶオッサン化が進んでるようで、昨日も雨上がりの硬くなったグラウンドにランシューという最悪の組み合わせで、滑ってた(笑)

 

でも、ゲーム中にあ〜だこ〜だ声かけながらやってくれるし助かる。

 

細かい修正をしてもらいながら、集中してやれる事ができたかな。

 

Vが攻めて、Fが守るという構図になるんだが、

 

どちらにとっても、日常に強度を求めてるんで、プレッシャーの中でという部分に関しては、

 

本番になっても動じない準備ができている。

 

VもFのプレッシャーを掻い潜り攻撃するのは、本番のシミュレーションになるし、

 

Fにとっても、Vのプレッシャーの中でやるのは、守り切る練習になるし、

 

本番では余裕を持って攻撃する事に繋がるだろう。

 

公式戦の舞台で2チームを戦わせたい。

 

お互い勝たなければ。

 

Gの方は、竜馬に任せて5年生とゲーム。

 

5年生も、モチベーションたっぷりで、6年を食ってやろうがあるんで、

 

絶好のトレーニングパートナーになる。

 

チラッとしか見てないが、圧力に屈してた感が否めず、

 

ほんの些細な際の部分での出足、強度、集中力が5年に負けてて、けっこうやられてたみたいだが、

 

そこは、もうちょい意地持って頑張れ。

 

本番は頑張るんすよねぇ

 

って竜馬が言ってた通り、先週のゲームも本番はそれぞれが躍動してくれたようだが、

 

日常が全て。

 

もっともっと成長したいなら、目先に何かぶら下がったら頑張るじゃなく、

 

毎日積み重ねる中で、ぶら下がったものを確実に手に取る事ができるようにだ。

 

まぁ、5年の子達も元気なんで、良いシュミレーションになったのは間違いない。

 

木曜はリベンジしろよ。

 

そんなこんなで、それぞれが週末に向けての準備。

 

気になるのは、天気予報が2週間ずっと雨マークに変わった事。

 

ボコボコのグラウンド、雨、15分ハーフの試合時間。

 

力の差がシンプルに出ず、拮抗してしまう要素が盛り沢山なんだが、

 

そこで試されるのは、意地やプライドや粘り強さ。

 

そこは、ソレッソのおはこだし、だからこそ負けられない。

 

でも、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨降るなよ(笑)

 

頭皮に悪い。。。

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930