子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

学童初日振り返り



昨日は、学童初日。

 

それぞれ2試合目、3試合目、4試合目と登場。

 

まずは、Fが先陣を切る。



相手は、リベルタ北熊本。リベルタの石橋先生とも話したが、

 

リベルタとはよく当たる。

 

試合の方は、入りは悪くなかったが、気持ちが先走り過ぎてか、やや空回り気味。

 

それぞれのやってやるぞは伝わってきたが、冷静な目というか、

 

個でやろうという意識が強すぎて、ボールが動かなかったかな。

 

個で打開して点は取ったものの、単調な攻撃で相手としてはやりやすかったと思う。

 

まぁ、初戦なんでそんくらいがちょうどいい。

 

次からは、少し冷静になってできるだろう。

 

Fが終わり、次は隣のコートに移動してV。



開始早々からテンポ良く攻撃できてたように見えたが、

 

Vも同様。硬さは見えなかったものの、イージーなミスがいつもより多かったかな。

 

コンスタントに点を重ねる事が、午後からのトレーニングマッチ含め、

 

もっと研ぎ澄まさないといけない部分がある。

 

高いところに目標を設定して。

 

最後はG。



横島町民グラウンドで相手は不知火。

 

速報LINEでしか状況が分からなく、早く連絡こいって思ってたが、

 

試合開始早々。

 

3分先制のLINE。

 

それから、チンチンLINEは鳴り続け、

 

4点目。速報やめますって(笑)

 

それからも得点を重ねたようで、後半もそれぞれが活躍してくれたようだ。

 

この大会の1つの目標として、それぞれがソレッソ対決までは負けないを設定している。

 

とりあえず、初日は全チーム乗り越えたんで、また目標に向けて来週が勝負だ。

 

大会を通じて、成長する部分は多分にあって、

 

それは、真剣に向き合い、本気で勝利を目指したからこそ得られる。

 

その機会を、積み重ねれるならたくさん積み重ねた方が良し。

 

つまり、勝ち続ける事。

 

例え、早々と負ける事になっても、悔い残らず、やり切ったって思える終わり方にして、

 

ゲームに向き合う質を高めれたらいいな。

 

そうであれば、次に繋がる。

 

課題はいつも持ちつつ、でも、試合を通して得た自信も大切にして。

 

昨日の初戦が、来週に向けてのエネルギーになってくれればと思う。

 

今日は、宮崎遠征を予定してたが、大雨予報が出てたんで、急きょ取りやめ。

 

それぞれには、オフではないから、追い込む時間を作ることって言ってるんで、

 

来週に向けての準備の一日にして欲しい。

 

自主性にかかってるぞ。

 

さて、6年が中止になったんで、今日は朝から4年の女将カップ。

 

熊本も午後から雨が降る予報なんで、サクッと終われたらいいな。

 

テント村で、指導者達と話ししながらゲームを見学しよう。

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930