子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

ストリートサッカー



昨日練習中に野武士谷川が代表戦終わったら、22:00からU23アジア予選あるから忙しいんすよ〜

 

って言ってたが、U23(のゲームは今日だった。

 

勘違いなのか日中から酔っ払ってるのか分からんが、

 

そのおかげで、DAZNを観ると国際親善マッチのライブ中。

 

代表戦終わって、ブラジル対韓国の後半。

 

アルゼンチン対イタリアの好カードもやってたみたいなんで、

 

それも前半の途中まで見た。

 

正確に言うと、1試合見たかったが、夜が極端に弱いんで途中で力尽きて寝た。

 

ブラジル対韓国は、ブラジルのうまさが光る。

 

どんなボールもそれぞれがピタピタボールを止めるし、キックも正確で、

 

個人で剥がせるし、個人で奪える。

 

そりゃ〜戦術云々をこえて、そんな選手の集まりだからチームとしても当然強い。

 

全体を見渡すってよりも、一人一人のクオリティーに自然と目が向いてしまった。

 

アルゼンチンは、完全に戦術メッシみたいな感じで、

 

フリーマン状態のメッシは、ピッチ上をフラフラしている。

 

アルゼンチンの選手達は、常にメッシを意識しているように見えた。

 

そしてメッシは、ボールを持てば何かやってくれる。

 

個での打開もそうだし、パスも出せるし、

 

あのレベルでボールを持ったら一仕事するなんて、マジで別格のうまさのんだろう。

 

アルゼンチンの1点目は、完全にメッシが個で崩し、得点を演出。

 

ネイマールにも同じ感覚があったが、やっぱりすごい個を見るとワクワクする。

 

プロフェッショナルだ。

 

南米サッカーの基礎は、ストリートにあると言われる。

 

ボールとゴールさえあれば、どこでもできるサッカー。

 

それが、文化としてあって、子どもの頃からボールに触り、サッカーを楽しむ。

 

得点を取る喜び、得点を奪われないために何をすべきか。

 

自然と身についていくんだろうな。

 

そんな南米のストリートサッカーではないんだが、

 

先日もブログで紹介した3✖️3football。

 

昨日、県協会のホームページに要項がアップされました。





 



 

詳しくは、県協会ホームページにて。

https://kumamoto-fa.net/match/2022/06/02002197/

 

ストリートサッカーに近い形で、目まぐるしく変わる攻防と、圧倒的にボールに触る回数と違うのは、

 

キッズの子達には特に必要なんじゃないかな。

 

県協会の事業だが、お手伝いさせてもらってるんで、

 

ヒデ君が参加案内メールを送ると思います。

 

一度やったが、子ども達の満足度も高くて、見てる方も面白い。

 

ぜひご参加を!!

 

動画のお願いもしてるけど、動画はでき次第ホームページにアップされる予定。

 

また紹介します。

 

今回の事業は、チームとしてもそうだが、

 

個人としても参加可能で、

 

例えばチームとしては参加しないんだけど、その日はオフで友達集めて出ようと思えば出れるようにしている。

 

個人というか、仲間を集めて参加もぜひどうぞ。

 

エンタメ感も強いんで、そんな参加でも違和感なく楽しめると思う。

 

ほんとぜひぜひってところで。

 

3✖️3football協会のホームページはこれ。

https://3x3football.com/

 

ちょっとまだ言えないけど、色んなメディア、スポンサーもすでに3✖️3footballにはついてるし、何なら某テレビ局も。

 

今ある動きとしては、日本サッカー協会も巻き込んで活動を進めているし、

 

今年の全日の全国大会で、3✖️3footballのブース、もしかはフレンドリーマッチで3✖️3footballをやるんじゃないかな。

 

今後キッズ年代、ジュニア年代で、必要なものとして認知されてくるのはそう遠くない。

 

その先がけが熊本。

 

たくさんの参加お待ちしてます!!

 

いやいや、ガッツリ宣伝になってしまったが、

 

明日から学童が開幕。

 

昨日の練習もいい感じの感触があった。

 

自信を持って、それぞれが明日を迎えるだけだな。

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031