子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

締めて



近所にいる好青年。

 

イカつい身体つきしてて、大学卒業したくらいは、肩がパンパンに張ってて大胸筋はモリモリ。

 

明らかに上半身と下半身のバランスが悪く、上半身オバケだったガンダム君と久々会った。

 

俺がゴミ捨て行く時間帯だったから、6:30くらいか。

 

えらい早く行くなぁ〜

 

って言ったら、

 

早く職場に行って勉強するんですよ

 

と。

 

仕事が終われば、居残りしてそこでひと勉強やって家に帰るらしい。

 

根っから頑張る気質がある子は、やっぱり何やっても頑張る事ができるんだなぁと思った。

 

ある人が、

 

どこかの時点で、物凄く頑張った経験があると、それがエピソード記憶のようによみがえり、きつい時、苦しい時に、踏ん張れる底力になる

 

と言ってたのを思い出す。

 

スポーツをする事の良さの1つは、そんな何にでも転用できるような経験を得る事だ。

 

それも、一生懸命向き合った分だけ自分に返ってくる。

 

社会に出た時、いや、ちょっと先には高校受験、大学受験があるか。

 

そこで一踏ん張りして頑張れる力を蓄積するためにも、今を一生懸命頑張る。

 

人に頼らず、周りに頼らず、自分で未来を切り拓いていくような姿勢を常に持っていて欲しいな。

 

その姿勢があれば、自然と周りは応援してくれて、頼らずともいい方向に転んでいくように思う。

 

好青年の爽やかさにそんな事を感じたところだ。

 

ただ、、、

 

ガンダムみたいな身体はトレーニング不足で明らかに縮こまってた。

 

筋肉バカだった彼はどこに行ったことやら。

 

でも、今の方が程よいマッチョでカッコいい。そのくらいのスタイルをキープしなさい。

 

昨日の練習は、

 

ゲーム勘を取り戻したかったんで、少しアップをやって15分ゲームを3本。

 

人数が揃って全体に話をしてからスタートしたかったんで、それまでは、

 

今日はゲームをやろうって考えてるから、各自アップをするように

 

とだけ伝えて、人数が揃うのを待っていた。

 

しっかり考えて行動できるかを見たかったてのもある。

 

だが、、、

 

予想通り、期待通り、

 

フリーな時間を与えても、アップなんてものはしない。

 

やってる風にしているボールまわしは完全に遊びにシフトチェンジしてた。

 

人数が揃い、真面目にアップしようとしたやつはいるか?

 

と質問したらダンマリ。誰も手を上げれない。

 

まぁ、オフ明けで、しっかり締めて練習に向かいたかったから思った通りに締めれたんだが、

 

そんな自立心のないチームが優勝したいなんて無理。上手くなんてなるはずがない

 

ってしっかり釘を刺しといた。

 

その後、再度5分間だけチームに分かれてアップをさせてゲーム。

 

気持ちを入れ直した後なんで、

 

ゲーム自体は、しっかり熱くやれてたかな。

 

週末のブランクも感じる事なく一安心した。

 

新人戦よりはフワフワ感がどのチームもない。

 

それも成長。本番が楽しみだ。



里野のように熱く闘おう。熱いというより暑苦しいんだが(笑)

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ


    Fatal error: Allowed memory size of 209715200 bytes exhausted (tried to allocate 1052672 bytes) in /home/sorrisok/sorriso-kumamoto.com/public_html/wp/wp-content/themes/sorriso/sidebar.php on line 72