子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

成長するために



四十肩の勢いは衰えず、どうにか治そうと思ってストレッチしたり、首周辺を揉みほぐしたり、肩を回したり。。。

 

色んな事を試すけど、それぞれが常に逆効果。

 

揉みほぐした部分は、いわゆる揉み返しで変な筋肉痛になり、ぶん回した肩は、回そうとしたらどこか響く。

 

ついには、ヘルニーの影響で力が入らない左よりも力が入らず、

 

昨夜のシャンプーはギリギリのところで頭皮を刺激するに至った。

 

頭皮のマッサージは、俺には欠かせない。

 

ヒデ君がチロルチョコとコーラは欠かせないと言ってるのと同じだ。

 

昨日の練習は、雨が心配されたが、全くもって影響なく練習できた。

 

ずっと、最後のゲームの質が気になってて、どうにかならんものか?と思ってたんだが、

 

昨日は、5年と人数をシェアして2コートでのゲームに踏み切る。

 

今までは、1/4コートに24人。割ると12対12。

 

スペースは皆無で、プレッシャーはどこそこの場面でかかり、

 

それを回避するいなしや、コンビネーションはそれなりに上達するものの、

 

やっぱり窮屈で、一番の問題点は、ボールに触れる回数に大きな差が出る事にあった。

 

ボールに触れる者は、どんどんうまくなり、ボールに触らない者は、しっかりゲームから消えてしまう。

 

6年単体で最後まで練習をしたい気持ちは山々なんだが、

 

ここまで人数が膨れ上がると、さすがにそうも言ってられず、

 

ボールを触ってなんぼだろ

 

の気持ちを優先させる事にした。

 

6年が24人に、5年が12人。足して割ると、1/4コート2つに、9対9のゲームを2つ。

 

それでも、スペース的には十分に狭く、プレッシャーの連続になるんだが、

 

ギリギリのラインで、このくらいの人数と広さは許容範囲内。

 

ゲーム前のトレーニングも、休みを作らないようにを念頭に、

 

毎回変わる人数で、テーマだけもっていて、その場でトレーニングをアレンジしている。

 

5年に混じってゲームをやってもらう子には、だいぶ心苦しい思いもあるんだが、

 

5年に混じれば、今までより多くボールに触れるだろうし、

 

それこそ、やりたい事をやれる場面は多くなるだろうし、そこんところはしっかりとプラス思考で。

 

より、それぞれが成長できる選択肢を取ったんだって理解してもらいたい。

 

さてさて、

 

今週は負けられない戦いが目白押しのシャイニング。

 

上位リーグに向けて、下位リーグ脱出に向けてってそれぞれ負けられないの意味は違うし、

 

プラスαで、最後のアピールチャンスだって鼻息荒めの子もいるだろうし。

 

入れ込みすぎて気持ちが空回りしてしまう危険信号はすでに出てるが(笑)

 

思い切り吹っ切れてプレーしてくれる事を期待している。

 

とりあえず、週末が雨じゃなくてよかった。

 

それぞれの目標を達成できるように勝つ事に集中しよう。



写真整理してたら、イラつく写真が見つかってしまった。。。

 

何か嫌な予感もするな(笑)

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031