子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

自己主張



昨日嫁さんから、家の鍵閉め忘れたから閉めに行ってと言われ、

 

事務所から家へ鍵閉めに。

 

靴を脱いで、とりあえずトイレに行き、少しあれこれやって家を出たら、

 

そのあれこれで満足したのか、一旦事務所に戻ると、

 

あれ?鍵閉め行ったのに鍵閉めたっけ?ってなった。

 

おそらく閉めてるだろうと思ったけど、念のためもう一往復。

 

ちゃんと閉めてた。さすがにそこまでテレッとしてないな(笑)

 

昨日は、スライドでモデル地区トレセンに。

 

選ばれてる子は40人くらいいるんだが、昨日来てたのは25人くらい。

 

見慣れた顔の子もいっぱいいて、コミュニケーションを取りながら、

 

楽しい時間を過ごさせてもらった。

 

いい意味で全体的にはまとまっているように見えた選手達。

 

基本的な技術もそこそこ高く、その水準はまあまあ高い。

 

でも、突出した個はあまりいないようで、悪く言えば、みんな同じように見える。

 

もちろん、普段やってる練習環境の違いと、いつもの感覚とのズレで、

 

うまくいかない部分はあると思うんだが、

 

こんな場で、リーダーシップを発揮し、自己主張できないと目立ちはしない。

 

それぞれ各チームでリーダー格の子達が来てるんだろうし、

 

中心でバリバリやってチームの中では引っ張る立場の子達なんだろうが、

 

なんかもったいない。。。

 

全体的にプレー強度はあんまり高くなく、

 

こんな場だからこそ全力を出し切って思いっきりプレーすると、

 

強度は上がり、自分達に跳ね返ってくるのにと思った。

 

所々でキラリと光るものを持ってる子はいるんだが、

 

キラリ見せる事くらいで満足しててはいかん。

 

もっともっとできるはずだ。

 

一番熱かったのは、コーチの川部で、もっとコーチが興奮するくらい、

 

その熱を跳ね返さないと!!

 

せっかく選ばれて、その場にいるんだからその自覚と、

 

普段とは違う環境の中で、得るものも大きいはずだから、

 

そのチャンスを最大限自分のために活かせるように。

 

と言いつつ、、、

 

俺もその辺が大の苦手だったから、気持ちも分かる。だからこそなんだが。。。

 

ある程度のレベルまで行くと、プロになるならないはほんと紙一重で、

 

それこそ監督をはじめ、評価する側にどんな印象を与えれるかが重要になる。

 

まわりまわって、結局そこに行き着くから、自己主張する力は重要だ。

 

我がチームの子達も、可能性があるのに、出し切れてなくもったいないと思う子がたくさんいる。

 

気持ち一つで劇的に良くなりそうな子が。

 

そう言えば、この前せいじさんと昼飯食べてるとき、

 

宮崎の子達の成長を見て、

 

自信って凄いよな

 

って話になった。

 

可能性の獣になれ。

 

もっともっと俺はできるを主張して、それぞれが自信満々でプレーできるといいな。



この写真は自己主張強すぎだけどね(笑)

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031