子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

連休総括



大体、連休の最後の日は、連休の総まとめみたいな感じで位置づけられて、モチベーションを高く保ちやすい。

 

最終日に至るまでのあれこれも、リセットする効果があるし、

 

そこまでが良ければラストスパートみたいな効果でもうヒトギア上がる場合もある。

 

3連休をともに過ごした俺が見てるグループは、

 

だいぶお世辞交じりなんだけど、2日目終了時点では、良かったという評価。

 

最後のまとめの1日は、ヒトギア上がるのを期待してしっかりモチベーションも整ってたようだが、、、

 

いかんせん身体がいう事きかない。

 

そりゃそうだ。前日の6試合半が完全に響いてる。

 

「空いたからやりましょう!」

 

「いいっすよ〜!!」

 

こんな軽いノリでやり込んでしまったツケが、綺麗に最終日の疲労として蓄積。

 

しかも、、、

 

昨日も、「この後やりましょう!」

 

「いいっすよ〜」

 

のノリで休みなく3試合。

 

遠くの方から、せいじさんが

 

「そのペースで大丈夫や??」

 

って言ってくれたんだが、

 

「大丈夫でーす!」

 

なんて言いながら。

 

全て終わった後に、さすがにやり過ぎたかなと反省してます。。。

 

今日は、積極的に身体を休めるようにオフ。お家でお利口に勉強でもするように!!

 

タフな日程だった3日間は、最終日にグダったものの、久々にポジティブな感触を得て終われたように思う。

 

隣のコートでは、超ハイレベルなゲームを6年生達がやってて、

 

それを横目で見れたのも大きな収穫で、「こうなればいいな」を、真似じゃないけど(だいぶまだまだ差があるんで)

 

参考にしながら試行錯誤できたのも良かったんじゃないかな。

 

課題ももちろんあって、相手の能力が高くてどうしようもない時に、

 

それでもやれる子は、相手の矢印が見えてたり、タイミングをズラしたりしながらいなす術を持ってたりするんだが、

 

いなせない子は、自分の世界に入り込むというか、選択肢が1つしかないからファーストチョイスでやり切り、キャンセルがきかない状態で、

 

ブレーキが壊れた車みたいに正面衝突を繰り返す。

 

相手・味方・スペースを感じながらやる必要があるし、

 

守備においての奪い切る力だったり、

 

蹴れる力がもっとないと、展開を変える事も(回避・サイドチェンジ・一発で背後を狙う)シュートを決める事もできないなって感じた。

 

まとめるなら、、、

 

すごく良き3日間。

 

竜馬から報告受けてるのも含めて、今週のフェスティバルも刺激を与えよっかな。

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ご案内
ソレッソ熊本ジュニアユース体験練習会
×
ご案内
宮崎ジュニアユース体験練習会
×