子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

個から全体へ



学校から帰ったら、友達と遊ぶのも禁止らしい。

 

部活動も全面禁止。遊び盛りの子ども達には酷だな。

 

だったら、習い事も全部禁止にならないと整合性取れなくないか??

 

かといって、習い事禁止にされると困るけど。。。

 

まぁ、習い事を経営している側の責任は取れないから言えないのは分かってるから、

 

せめて、やる事やったら遊んでいい。ただし、感染対策して密にならないようにしなさい。

 

くらいの対応ではあって欲しいというのが願い。

 

先生のいう事は聞きなさい。でも、矛盾あるし、つっこまれたらそうだよねと言うしかないし、難しいところだ。

 

昨日の練習も全体的にはぱっとせず。

 

でも、少しは変わってくるだろうなって思える要素もあった。

 

やっぱり、意識して取り組む、理解して取り組むってのは重要で

 

そうあるかどうかは、目つきやプレーを見てれば分かる。

 

数人の意識が全体を変えてくれる。

 

一気に全体が良くなる事はなくても、少しずつでも変わってくる子が増えて、

 

全体に広がっていけばいい。

 

理想だし、それが現実的なベースアップの仕方なんだろう。

 

練習中に、思うようにいかず、プレーのたびにふてた表情・態度をしてる子がいた。

 

何度かはスルーしたが、それがあまりにも続くもんで、

 

そんな表情・態度してて良くなる要素はあるか?って刺した。

 

うまくいかない矢印をポジティブな方にもっていこうという姿勢は感じない。

 

責任の矢印はしっかり自分に向けて、うまくいくにはどうすべきかってポジティブに考えるべきじゃないか。

 

良い方にも悪い方にも個の影響はグループに波及していく。

 

うまくいかないで、キレてる様子って周りが気を遣うじゃん。それはダメだろ。

 

加えて言うと、それが誰が?ってのもあると思う。

 

全員が同じ気質じゃなく、リーダー的な子。ついていく子。黙々こなす子。

 

色々な個性があるんだから、個がグループに及ぼす影響は大なり小なりあるにせよ、

 

プラスの影響を積み重ねて、マイナスの影響はできるだけ排除していかないとな。

 

先日、岐阜からきた堀さんから、

 

もしかしたら今日の練習見に行くかもって連絡が来た。

 

嫁さんが福岡の方で、子どもが産まれたばかりで、子どもの顔見に行くがてらにって事なんだが。

 

熱い人なんで、あの数日でソレッソの子が可愛くなったらしい。

 

ありがたいけど、嫁さんの雰囲気ちゃんと察してくださいよ。無理なさらず。

 

今日は、別の来客もあり。

 

プロサッカー選手の代理人やりながら、欲深いやつなんで、弁護士の資格まで取ったというスーパー変わり者。

 

いい意味でね。

 

尊敬できる後輩だ。

 

こいつの話もめちゃ面白いんで、今日はお迎えにまで行って勉強させてもらうつもり。

 

さっとやるべき事やって出掛けよう。



Wi-Fiが繋がらなくてイライラしてるヒデ君。

 

糖分足りなさそうなんで、大好物のチロルチョコでもプレゼントしてあげよう。

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930