子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

クラブユースを見て



昨日のクラブユースLIVEは、チラチラ気になりながらヒデ・竜馬が見てるのを横目で見てたがあまり見れなかった。

 

という事で、家に帰ってゆっくり視聴。

 

相手チームは、画面上から伝わるサイズ差に加え、パワー・スピードがあるし、技術的にも高い。

 

難しいゲームだったと思う。

 

そんな相手だったが、しっかりチームとして戦ってたし、何より一人一人の頑張りは見てとれた。

 

いつものゲームに比べて、個の剥がしの場面は少なかったように思うが、

 

その中でも個で何度か剥がす場面もあり、そこで変化ぎ生まれるという事に、

 

個の力の重要性を感じる。

 

交代する選手に、配置変え、やり方を変えるところに、龍の意図もはっきり見えたし、

 

ゲームの中でいかに意図的であるかと、それに反応できる選手の理解力(当然トレーニングで積み上げてきた成果だと思うが)の重要さも感じる事ができた。

 

個と組織(グループ)。

 

やはり、両方追い求めていかないといけないと思ったところだ。

 

ジュニアユースにしっかり繋がる役目がジュニアにはある。

 

もっとジュニアユースのゲームをジュニアスタッフでも共有して育てる選手像なんかも明確にする必要があるのかな。

 

ジュニアユースの選手・スタッフのみんなお疲れ様でした。

 

いいゲームを毎回見させてもらった。胸張って帰ってこいよ!!

 

LIVEから聞こえるベンチ外の選手達の声。一緒に戦ってる一体感にも感動させられたな。

 

良きチームだ。

 

さて、そんなLIVEを見て、昨日の練習試合を振り返ると、

 

オフ明けなんか関係なく、個の力。特に個人戦術の部分で足りなさを感じた。

 

動かないなりにうまくまとめる賢さはなく、

 

コンディションが良ければやれるようなプレーを繰り返し続けそれぞれがチグハグ。

 

ボールは動く事なく、個で完結しようとアタフタする姿ばかりが目立ち、

 

チームとして機能してなかった。

 

個の力も大切。

 

だが、それにすがっていると、コンディションが悪い、うまくいかないの時に、

 

出口を失ってしまう危機感を感じたし、うまくまとめる賢さ含めて個の力だという事も感じさせられたところだ。

 

賢さがあれば、チームとしてももうちょっと機能したんじゃないかな。。。

 

そんな反省と、うまくいかなかったイラつきで、

 

朝5時から去年の全少のゲームを2試合視聴(笑)

 

イメージを膨らませて今日の練習と思いきや、今日の5年生はオフ。

 

練習にしとけば良かったな。。。

 

という言葉で、今日は午前中4年生の練習試合見て、午後から6年生の練習試合。

 

ゆっくり1日過ごそっと。



5年を一緒に担当していると思っていたバイトリーダーこうさく。

 

夏休み一切5年の活動を見せず、今日は4年生のサポート。

 

あ〜、おじさんは寂しい。。。

 

ヒデと竜馬。なんか仕組んでるな。クソが!!

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930