子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

シンプルに



昨日の朝の話になるが、

 

うちは、俺・娘・嫁・息子の順でマットレスで寝ている。

 

朝起きたら、俺の横に息子。娘は一番端に。

 

寝相が悪すぎる。

 

朝起きようとして、隣にいるはずの娘をギュッとしようとしたら感触が違って、目を開けると息子。

 

思わず、何やお前やって言ってしまった。すまん。

 

昨日のトレーニングは場所を移動して限られたスペースだったが、

 

近頃のトレーニングは、よりシンプルにを目標にしてるから充分だった。

 

2対2だったり3対2だったり、やっても3対3くらいまでか。

 

局面での攻防を多くしてるが、

 

追い込まれてもとりあえず突っ込んでチャレンジしてみる。

 

突破できたらラッキー。ぶつかったら、そりゃそうなるよ。

 

だったのが、周りとの関わりが少し見えてきたのか、色んなアイディアが見えてくるようになったと思う。

 

よりシンプルの中で、言ってるのは、

 

自分の前の相手の背後を取る事を目標にしようという事。

 

オンの状態であれば、ドリブル突破で背後を取ってもいいし、食い付いてくればワンツーという手段もある。

 

オフの選手は、背後を取るためにスルーパスを受けるのを狙って、ダメならファーストタッチで突破できそうポジション取ってみようだったり。

 

相手と駆け引きしながらプレーが成功している姿を見て、なんか楽しそうに見えたんで、

 

できる事が増えてきたら、より自分の武器が発揮できそうじゃない?楽しいだろ?

 

って聞いたら、

 

キョトンとしてけっこうな無視を食らった。

 

ショック。。。

 

けど、シンプルな練習になると、成功体験も増えるし、

 

その成功体験が自信に少しずつ変わって、ゲーム中の決断に繋がればと思う。

 

ゲーム中に積極的なチャレンジが増えてくれるといいな。

 

今日の練習は行けないからヒデか竜馬かしげきに任せる事になる。

 

いつもと違う指導者から見てもらうと新たな気づきがあるだろうし、

 

要求されてる事、テーマになってる事を汲み取って柔軟にトレーニングする事も必要。

 

頭が凝り固まりすぎると、それこそ昨日ブログで書いたように変化に対応できないようになってしまう。

 

サッカーは状況が変わるスポーツだ。

 

状況によって対応が変わる事を楽しむスポーツとも言える。

 

ボクシングみたいに(駆け引きはあると思うが)1対1で対峙して、やるかやられるかを競う類のものじゃないから。

 

明日の天気は大雨予報。

 

練習できるといいな。

 

送迎前に相撲を見ている。幕内土俵入りを見てたら、力士の名前を全員正解して一人でニヤけてしまった。

 

照ノ富士全勝優勝せんかな。



こちらは今場所不調の英乃海関。

 



似てるやん!!

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930