子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

反省



あっという間に1週間過ぎた。

 

今週は、2回しか練習やってないからなのか、

 

あっという間の感じ方が、時間的なものじゃなく、大袈裟に言うとやり残した感がある感じ方だ。

 

おそらくそれは、去年まで見てた子達とのギャップなんだろうが、

 

本当は比較対象にしてはいけない(5年と6年じゃ1年違うから)のに、

 

比較しながら進んでるんだろうな。

 

でも、比較はなしにしても、去年の子達を越えないと去年以上の結果は得れないんで、

 

理想と言うとまた大袈裟になるんだが、基準みたいにはなってるし、

 

どうしても目線がそうなってしまうので、焦りもある。

 

バタバタしてる時は、時間が過ぎるのが早く、時間が足りないって思うように。

 

サラッと過ぎていった引き継ぎからのここ何週間の反省は、

 

コツコツと言っときながら、めっちゃ焦って階段登ろうとしてるやん!

 

って事になると思うんだが、

 

焦りがあると余裕がなくなり、ミスが出てくるものなので、

 

基準や理想は持っておきながら、アプローチする方法は、

 

もっと細かく、段階的に、現状をしっかり理解しながら、

 

やっぱりコツコツやっていこう!

 

なんだろう。

 

ただ、コツコツのスピードはもっと上げる必要があるし、

 

そのためには、質や意識がもっと上がらないといけないというのは事実で、

 

一番分かりやすい、玉際の頑張りや、ハーハーゼーゼー言うような

 

シンプルに見てて、上手くなりたい・勝ちたいが伝わるものは足りないんで、

 

やはり、質や意識の改善は必要なんじゃないかと思う。

 

1回の練習でめちゃくちゃ上手くなる事がなんてなく、上手くなる事がだけを充実のバロメーターにすると、

 

反省ばかりで、一歩進んだ感すら感じない。

 

上手くなりたいの試行錯誤は、今日しっかりやり切りましたの上に乗っかってて、

 

充実のバロメーターも、結局、やり切ったかどうかの方に大きく依存してると思うから

 

まずは、意識が変わって今日を充実させるために一生懸命になるが必要だろう。

 

一生懸命やってないとは言わないが、上手くやろう、格好良くやろうの薄っぺらさが見えるのは確か。

 

もっともっと貪欲にって事だ。

 

昨日、隣で3年生かな。せいじチルドレン達がめちゃくちゃ楽しそうに練習してた。

 

高学年に求めるものとは違っても、その雰囲気であの子達のスイッチは入ってたし、

 

何より隣で見てて楽しさの中に、一生懸命が見えた。

 

ある意味貪欲。

 

火曜から金曜までせいじさんに低学年まわりをやってもらいたい(笑)

 

今日は午後から練習試合。

 

気持ちが入ったプレーをすることが最低限。プラス技術的な課題を1つ与えてチャレンジさせるようにしよう。



みんなヒデ君の机にお菓子を置きたがる。

 

愛されてるな。

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930