子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

学ぶ事



学ぶってどういう事だろう?

 

今回の遠征で突きつけられた課題でありながら、ちょっとこの辺で整理したいと思うトピック。

 

学ぶ事=知識や技能の獲得

 

そう捉えると、

 

例えば、学校教育の教科学習なんかは、

 

かけ算ができるようになりました。

漢字を書けるようになりました。

水泳ができるようになりました。

 

これが、学ぶ事の意味になる。

 

サッカーで言えば、

 

インサイドが蹴れるようになりました。

シュートを決めれるようになりました。

 

そんな事か。

 

でも、、、

 

その目に見える成果としての事実は、学ぶ事の意味の一つにすぎず、

 

目に見えないものにこそ、学ぶ事の大切さは詰まってる。(よく言われてる事だが、改めて)

 

かけ算ができるようになるために、足し算を学んで、足す事とかける事の違いを理解したり、

 

漢字が書けるようになるために、覚え方を工夫したり、書き込んで脳みそに刷り込んでみたり、

 

クロールができるようになるために、手の回し方息継ぎの仕方を練習してみたり、

 

インサイドを正確に蹴れるようになるために、自分なりのポイントを探してみたり。

 

そう考えると、学ぶ事の意味は、

 

知識や技能の獲得という成果にフォーカスするものではなく、

 

知識や技能を獲得するためのプロセスにフォーカスすべきで、

 

言葉にするなら、

 

学ぶ事=学びに向かう力を養う事

 

と定義するのが自分の中でしっくりくるものがある。

 

成果ばかりにフォーカスすると、

 

それは習ってないから無理!!

 

そんな思考の子ばかりが育ってしまうだろう。

 

火を起こした事がない状況で、

 

「火なんて起こした事がないから無理です」

なのか、

「どうすれば火が起こるせるようになるのか考える」

なのかは、

 

成果にフォーカスする学び方なのか、プロセスにフォーカスする学び方なのかで、

 

思考が全く変わると思う。

 

となると、次に整理すべきなのは、失敗に対する考え方。

 

知識や技能の獲得が学ぶ事の意味とするなら、成果主義になり、

 

失敗はなるべくしない方が良いものになってしまう。

 

学びに向かう力を育てる事が学ぶ事の意味とするなら、

 

そんな力は試行錯誤の先にあるものだから、失敗は良いもの(レベルにもよるが)として捉える事ができる。

 

まとめると、

 

学ぶ事の意味は、学びに向かう力を養う事はであって、そのためには失敗は大事だよという事。

 

遠征の時にゴミが散乱しててスルーするのはいけない事だから、

 

部屋はキレイにしなさい(次は失敗しないように)

 

じゃなくて、

 

その他人任せの態度が、しっかりサッカーのプレーに出てるじゃないか。

 

自分で考えて判断して行動する事を普段からしないといけないぞ。

 

なんだろう。

 

視点をこっちに戻すと、学ばせる事は、やらせる事じゃなく気づきを与える事なんだと思う。

 

成果を求めるとやらせるになって、プロセスを求めると気づきを与えるになると思うから。

 

あんまり良い事を書けてない最近のブログなんだが、

 

あ〜こんな時期もあったな。こいつら成長したなって振り返れるようにしたい。



今日の昼は、こんな感じでした。

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930