子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

中3のみんなへ



フジパン九州でいっぱいいっぱいで、書く事忘れてたけど。。。

 

中3のみんな卒団おめでとう!!

 

複数年見させてもらった学年は、涼達の学年(涼はジュニアの時はトリニータだったが)と、今の学年と、中3の子達。

 

中3の子達は4年から学童までの2年ちょっとの期間。

 

龍が昨日、

 

「ミスチル達無事卒団させました!」

 

って言ってきて、そういえば、ミスミチルドレンでミスチルて言ってたなぁって懐かしい想いになった。

 

この子達にはほんと色々な経験をさせてもらった。

 

4年のゼビオカップは、県大会すら出れず、地区予選で敗退。

 

ニューバランスカップの時は、負けてヘラヘラしてる態度に腹立てて、ロッカールームでもの凄く怒鳴り散らしたり、

 

ジョイフルカップ?だったかな、これも負けた後。

 

せいじさんがバスで運転する横で、これまた不甲斐なく、負けた後の態度に激怒して、

 

なんでそんな気持ちでいれるんだよ!って泣きながら説教こく事もあったし(笑)、

 

最後の自信満々で臨んだ学童は、ベスト16か8くらいで負けて、俺が見る終わりを迎えてしまったし。

 

悔しい思いを一番させてしまった学年だった。

 

でも、何度も指揮した事のある新人戦は、

 

今まで見てきた中で、内容もスコアもぶっちぎりの優勝。

 

4年の頃からは考えられないくらいの成長を見せてくれたわけで、

 

紆余曲折、大波小波ありながら、

 

手塩にかけて

 

っていう表現がマッチするような学年だった。

 

勝ちから学ぶ事よりも、負けから学ぶ事が多く、その度に考えさせられる事も多かったし、

 

この子達との経験が今に活きてるのかなと思うと、指導者としての経験を積ませてもらった事に感謝しないといけない。

 

今でもたまにある0から100まで沸点をあげる技は、この子達の時は出しまくりで、

 

そんな技を繰り出しまくるというのは、俺自身が未熟だったって事の証明なわけで、

 

振り返ると、申し訳なかったなと思わざるを得ないんだが、

 

無事卒団してくれた事を嬉しく思う。



この子達が、その頃パワーワードにしてた

 

「頑張る時はいつも今」

 

を水筒に貼ってたのが懐かしい。

 

結局、この子達に伝えてた事も、今子ども達に伝え続けてる事も変わらないんだな。

 

これからますます、悩んだりする事も多くなると思うんだが、

 

そんな目の前の壁も、コツコツ頑張るしかない。頑張る時はいつも今なんだって思って乗り越えてくれればと思う。

 

保護者のみなさん。中学になり、めっきり会う事も少なくなりましたが、

 

その節は(笑)起伏の激しかった僕を暖かく受け入れていただきありがとうございました。

 

居心地の良さに甘えて、なんかファミリー感を感じてました(笑)

 

これからの彼らの活躍を期待してます。ソレッソ熊本に子ども達を預けていただき、ほんとありがとうございました!!

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930