子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

セレクションに想う事



たくさんの参加者が来てくれた昨日のセレクション。

 

 

参加してた子ども達のモチベーションは高く、うちの子達からも普段とちょっと違う表情が見えたりした。

 

 

刺激ある機会は、気づきを与える機会になるなと感じる。

 

 

セレクションだから合否の判定があって、合否の結果によって与える気づきも変わってくる。

 

 

合格した子は・・・。

不合格だった子は・・・。

 

 

合格した子については、受け入れる態勢も整っていると思うから、

 

 

シンプルに、

 

 

これからも頑張れ!

 

 

これで十分だろうし、

 

 

期待を込めて、

 

 

これからが本当の勝負だぞ!

 

 

もいつも以上に心に響くと思う。

 

 

一方、不合格だった子はどうだろう。。。

 

 

めちゃくちゃ悔しくて落ち込む子もいるだろうし、

 

 

何が足りなかったのかを冷静に考えれる子もいると思う。

 

 

ポジティブな怒りになり、絶対見返してやる!!

 

 

そんな思いを抱く子もいるだろう。

 

 

感情の振れ幅は合格した子よりもはるかに大きく、かける言葉の正解は正直よく分からない。

 

 

その子の人となりなんかを分かってて、その子にあった適切な言葉を

 

 

というのが、正解に一番近いんだろうが、抱いている感情までは見透かす事はできず(コーチの前では気丈に振る舞うはずだから)

 

 

一番寄り添って欲しいのは、一番近くにいる人にお願いする

 

 

こんなスタンスが良いような気さえしてしまう。

 

 

だが、選考する側の責任として、機会の提供者としてこちら側から言葉を送る義務もある。

 

 

セレクションの終わりにせいじさんが話してくれた。

 

 

詳しい内容はここには書かないが、きっと子ども達の心に刺さってくれた事だろう。

 

 

俺も同じ考えだったし、

 

 

大事なのは、気づきを得てこれからどうするかって事だ。

 

 

毎年同じような感情は抱くんだが、今年は特に寄り添ってきた学年なんで、

 

 

より不合格者への感情に寄り添うような想いが出てきた。

 

 

練習試合や公式戦なんかで対戦した顔もたくさんあったし。

 

 

通過点と言ったらそれまでだが、通過点の中の大事な節目だった事は確か。

 

 

合格者は最終セレクションも残してるし、一喜する事もまだないだろう。

 

 

不合格者はこれからを考える上で一憂していてもいけない。

 

 

家族とまではいかないが、近くにいる存在として言葉を送ろうと思う。

 

 

とりあえず、お疲れ様でこのブログは締めておこう。。。



昨日練習試合が終わって、セレクションまで時間があったんで、昼飯を食べようと寄ってみたラーメン屋。

 

 

ラーメン王、館ピロシさんもここは知らないだろう。

 

 

結局、店休日で食べれなかったんだが。

 

 

次リベンジしよっと!!

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930