子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

まとまりの差



首の痛みがすっかりなくなりつつある。

 

大会終わってこれだから、まじで何かに取り憑かれたてたのかなと思ってしまう。

 

肩の荷を下ろしたわけではないが、ノーストレスだから気分がいい。

 

そろそろ筋トレ再開しよう。

 

ブジパンの組み合わせは、公開した通り。

 

Vの会場に熊本市が4つ入ってて、熊本市の枠が17。

 

約1/4で同会場。1/17で初戦で激突。

 

そんな確率だったんで、引く前に

 

どうかVとFは逆に!!

 

って念じたクジは見事に思いが通じ逆サイド。

 

これで初戦だったりしたら、またヘルニア再発しただろうな。

 

今日の練習試合は、

 

Vはうまくいかず、Fは絶好調って感じだった。

 

おそらく、今日V対FをやったらFが圧勝だっただろう。

 

中で審判してると、

 

Vからは人のせいにする声ばっかり。

 

逆にFからはいい声ばっかり。

 

今から大会があるのはどっちなんだ??って感じで、チームとしてのまとまりの差を感じた。

 

ピッチ内でしっかりコミュニケーションを取ろうっていうのはいつも言ってる事で、

 

そこに自己主張があったり、意見交換をするのは大いに結構。

 

でも、相手に批判の矢印を向けろとは一言も言ってない。

 

言い方だったりを聞いてれば、そんなもんどんな気持ちで言ってるかくらい

 

聞いてる方にはバリバリ伝わってくるし、本人達もそれは自覚しているはずだ。

 

そんなのまじ嫌いだし、絶対に見過ごしたらいけない。

 

とりあえず集めて話をしたら、その後はさらにグダグダ。

 

貴重な1日を無駄にした感じだ。

 

思い通りにならないなら、まず自分に矢印を向けるべきだし、

 

伸びる子ってのは、そもそも人のせいにしない。

 

県大会は、たくさんの人にサポートしてもらって戦う事ができた。

 

やっぱり自分一人の力だけじゃないって経験をしたはずだ。

 

大会を通して強く言ってきた部分であったし、その大切さなんかも身を持って体感したはずなのに、

 

終わった直後にこれだから、さすがに悲しかったな。

 

サッカーはチームスポーツで、

 

個の成長には、チームとしての成長が必要で、

 

チームとしての成長には、個の成長が必要。

 

その解釈の仕方は、

 

チームのおかげで自分が成長しているであって、

 

俺のおかげでチームが強くなってるではないはず。

 

今日は、大きな学びを得れる日になっただろう。

 

いや、しっかり反省して学びに変えないといけない。



この写真みたいにならないとな!!

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ご案内
セレクション
×