子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

りゅう

試行錯誤



例えば、4ー1ー4ー1vs4ー4ー2の試合で使いやすいスペースと使いにくいスペースがある

非保持の時に守りやすい場所、空いてくるスペースは机上の空論としては成り立つ

それが、3ー4ー3でも4ー3ー3でも考え方としては同じ

システム論や戦術は勉強すれば誰でもある程度は頭の中では分かるはずだが、大事なのは目の前の選手たちにとって、それが為になってるかどうかだよな~

 

守備はコンパクトにして、全員が前向きな状態だったら基本的には点を取られないし、ボールを取られた後にすぐ取り返すことや、シュートを消すか、パスコースを消すかボールを奪うかがセオリーになる

 

攻撃は相手を見て相手の嫌なことを考える余裕を持ち、ゴールまでの道筋を持てていれば良い

成功失敗は二の次!

攻守において、何を、いつ、どのように、見るか、

同時に見れるものが増えてくると一気にプレーが変わると思う

リーグ戦文化が根付いて、多くの指導者が週末の公式戦を見据えた中でトレーニングを構築し、週末に向けたプランニングをしていってると思うし、実際俺もそうやってきた

が、、それが選手たちの為になってるのかな?という疑問をここ何年間かず~と抱いてきた!

選手たちがボールをとめたり、運んだり、見たり、自分で剥がしたり、判断することのほうが恐らく大事だなと、、チームが勝つためのトレーニングよりも個人を伸ばすトレーニングを徹底的にやった方が良いのかもしれないなと、、

 

相手の戦術を凌駕していくよな個人を育成しちゃえば、もはやシステムや戦術なんてものは不要になってくる

 

一技2万回

百万回ボールを触れ

足の裏を手のひらのように扱えるようになれ

と名将の言葉でもあるが確かにそうだよなと、、

出来るまでやる

出来ないはやっていないダケ

試行錯誤しながらだが、良くなるために悩んで、改善して、また考えて成長するために試行錯誤する

正解やゴールというものはない

 

なんとなく指導者の独り言を呟いてみた、、

 

 

 

 

 

 

 

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ご案内
ソレッソ宮崎ジュニアユース体験練習会
×
ご案内
ソレッソ宮崎体験練習会の案内設置
×
ご案内
ソレッソ鹿児島ジュニアユース体験会
×