子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

総合力とは??



今日は、朝からハイキングの引率。



「先生何歳ですか〜?」

 

「39歳」

 

「見えなーい。28歳くらいかと思いました〜」

 

元気がいい女子集団に絡まれたが、若干嬉しい(笑)

 

たぶん、帽子をかぶってたから、気づかなかったんだろう。アラフォーって事を。

 

男の子集団は、ファートゥナイトの話しばかりしている。

 

「明日課金できる日だ〜」

 

どんな日なんだ。。。

 

歩いた歩数は13000歩。明日は確実に筋肉痛だな。

 

さて、今週はチーム発表もしたし、それぞれのチームの強化。

 

3日は、3チーム分扱いで、4日は2チーム分扱いで試合ができる。

 

でも、人数は、3日が18人で、4日が14人。

 

チーム強化はあんまりできそうじゃなく、出場時間のやりくりで、どっちかというと、個人の強化になりそうだ。

 

まぁ、チームの強化と言っても、やってる練習は同じだし、大会のために戦い方をすり込む訳でもないし、

 

テーマを持ちながら試合を重ねるというスタンスでいるから、焦る事はない。

 

選手の組み合わせを探りたいってのは本音だけど、少年サッカーあるあるで、

 

公式戦になったら思い描いてたのが無になるケースも良くある。

 

つまり、できるだけベストの準備をしておかなくてはいけないし、

 

できるだけポジションを固定して、すり合わせる事も必要なんだが、

 

それよりも、どんな事にも対応できるオプションがあるかの方が意外と大事だったりする。

 

普段からポジションをできるだけ固定しないようにしたり、色んなシステムを試すようにしてるんだが、

 

特に今年は、色んなアクシデントが次々やってくるし、がっつり、これだ!っていう強化はできてない。

 

よって、未だに何がベストなのか分からない(笑)

 

でも、そのお陰?でそれぞれに対応力はついたんじゃないかと思う。

 

サッカーのプレーを紐解くと、

 

自分の特徴・武器を出し切るようなアクションの部分と、相手(の変化)を見てプレーするリアクションの部分のバランスで、

 

プレーヤーとしての総合力がはかられるような気がする。

 

チームも同じで、俺らはこんな事をやるんだっていう色と、そうやってきたらこう変化できるよっていうバランスで

 

チームとしての総合力がはかられるような気がする。

 

実際は、怪我人多いし、学校行事で来れない子もいるし、トレセンで抜ける子いるし、強化にならねぇっていう思いもあるんだが、

 

どうこうできない事を嘆いても仕方ないから、ポジティブな捉え方をしているところだし、

 

子ども達の成長を考えると、それが真なのかとも思う。

 

少し冷静になって物事を見てみる。

 

これ、最近意識している事。

 

今やれる事のベストは何なのかをしっかり考えながら個の育成とチームづくりをやっていこう。

 

徐々に怪我人は戻りつつある。

 

焦らない焦らない。。。

 

自分に言い聞かせよう。

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ご案内
ソレッソ宮崎ジュニアユース体験練習会
×
ご案内
ソレッソ宮崎体験練習会の案内設置
×
ご案内
ソレッソ鹿児島ジュニアユース体験会
×