子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

会話で共有



安定感のない日々をずっと過ごしてきてたが、この3連休は安定してたと思う。

 

勝ち負けはあったものの、内容が大きくブレる事はなかったかな。

 

サガン鳥栖はやっぱり素晴らしいチームで、試合を重ねる事に上手くいかない事が多くなったような気がする。



対応力・修正力。

 

学ぶべきものがあった。

 

今週日曜もまたやってくるサガン鳥栖。

 

ずっと振られまくってたけど、やっと試合できるようになったら毎週来てくれる。

 

ありがたいな。

 

うちの子達はというと、どことなく重そうな感じがあったんで、正直に怪我の状況を伝える事と言ったら、

 

かかと痛2名。膝痛2名。モモカツ1名。その他で2名。

 

まあまあ気になる人数だ。

 

それぞれ、成長痛だったり、違和感程度だったりなんで、休むことはなかったんだが、

 

無理する事で、頑張りがきかなくなって、大きな怪我に繋がるのが怖い。

 

痛みを気にしてやるくらいのメンタリティだったら、中途半端になって大きな怪我に繋がるとおもう。

 

やるならやる!やらないならやらない!しっかり会話していこう。

 

最近、子ども達と会話する事が多い。

 

今日も、ある子が、

 

「間で受けろって言うけど間ってこういう事ですよね?でもボールが受けれないんです」みたいな質問をしてきた。

 

また、たまたまトイレで一緒になった子も、「どんな感じ?」って質問したら、

 

「マークの受け渡しの仕方がいまいちよく分からない。○○にマークついて、○○は○○にマークをつかせる事ですか?」って逆に質問をしてきた。

 

自分の意見を言える事に素晴らしさを感じたんだが、ハッと気づかされる事も。

 

そもそも、言ってる事が正確に伝わってないなと。。。

 

これには、反省。

 

すぐに、子ども達のところに行って、「質問があるなら○○達のように遠慮せずに言ってくれ」と話した。

 

「俺が外から見て感じて課題と、ピッチの中で自分達が感じる課題を共有しよう。違和感持ってプレーしてても絶対良くなる事はない」と。

 

怪我にしても、プレーに感する疑問にしても、コーチには中々言いづらい面があると思う。

 

おそらく、怪我を隠してる子はまだいるだろうし、プレーに疑問を抱えてる子もいるだろう。

 

自分の中で解決できるんならそれでいいんだが、解決できない時に質問する勇気。コミュニケーションを取る力。

 

これはまじで大事だし、サッカーを通して身につけて欲しい力でもある。

 

ゲームの中でも、積極的にコミュニケーションを自分達で取るように言っている。

 

今日の試合なんか、鳥栖の子達はあれこれ柔軟に対応してくるし、

 

こっちも、それに対してなす術なしじゃなくて、対応する必要があった。

 

外から見てたが、それなりにコミュニケーションを取ってる声も聞こえるようになったし、

 

もしかしたら、そんな部分が大きくブレなくなった要因の1つなのかもしれない。

 

まだまだ、「そこはどうするの?○○と○○でコミュニケーション取れよ」と言われた中で、やっとコミュニケーションを取ってるくらいのものだが、

 

それなりに自分の考えを伝えてるようだし、黙ってやらないだけでも成長かな。

 

この3日間で仕上げるぞ!くらいの意気込みだったが、そこまではいかず。。。

 

でも、まだまだ時間はあるってポジティブに捉えれるくらいの3日間にはなったように思う。

 

明日は、3日間ガッツリ試合をこなしたし、身体も重そうだし、怪我人も増えてきたし、オフにする。

 

木曜・金曜も負荷を落として課題のシュートに時間を割こうかな。

 

怪我と言えば、この方。



怪我とまでは言えないが、いきなりミツバチに刺されたらしい(笑)

 

プーさんみたいな可愛い熊じゃないくせに、蜂蜜でも抱えてたのか??

 

見た目は怖いのに、面白ネタをくれる熊さん。

 

怖がらずにコミュニケーションを取ってみよう。

 

実は、めっちゃいい人だぞ~!!

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ご案内
セレクション
×