子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

怪我との向き合い方



今日は、お役所回りの日だったんで、市役所ついでの昼飯「一蘭」



10辛も試した事があるが、6辛くらいがちょうどいい。

 

まずは、かためで麺をオーダーし、替え玉は超かためがいつものスタイル。

 

スープまで飲み干したら見事に夕方腹壊した。。。

 

今日は、新たなバイト見習い。



みつき、けんた、まなと、なおや、ゆうとコーチ達と同じ学年で大学1年生のれいじ。

 

チビリン全国準優勝の時は、2ピリ目の守護神、全日V.F決勝の時はFの守護神。

 

なぜか止めるGK(笑)としてチームを支えてくれた。

 

そんなれいじだが、いつの間にかGKは卒業し、高校ではFWをやってたらしい。

 

写真からも伝わるように、めっちゃかわいいやつで、誰からも愛されるやつ。

 

離さないようにしよう。

 

今日の練習も人数少ないDay。

 

水曜・金曜恒例の、6年プラス5年数名対5年のバトルオブソレッソを今日の練習でも長めに。

 

これがけっこう盛り上がるし、面白い。

 

6年には、負荷がかかるように、ポジションをいじったりしながら役割をきつめに与える。

 

ゲーム後は、めっちゃへばって帰ってくるが、終えた後の顔つきは充実してる。

 

ゲーム前の練習も10名程度だから、負荷は確保できるし、ボールにたくさん触れる。

 

人数が少なくて寂しいんだが、何だかんだでいい曜日だなってるかもな。

 

そんな人数が少ない曜日なんだが、今日離脱者が1名出た。

 

足首の捻挫で復帰まで2週間くらいかかるらしい。

 

受傷したのは、昨日の練習の最初くらい。

 

???

 

普通に、最後まで練習やってなかったっけ??

 

ギブスに松葉杖で怪我の報告に来たんだが、「全然痛い素振り見せないから全く気付かなかった」

 

なんて会話をしたんだが、

 

常々、怪我や体調不良に関しては、しっかり自己判断して遠慮なく伝えるように言っている。

 

松葉杖つくくらいなんで、痛くないわけじゃなかったんだろうが、昨日は彼の中で、やり続ける・やりたいって判断をしたんだろう。

 

結果、最後までやったことが悪化に繋がったのかもしれないが、

 

痛さを見せずに昨日の練習をやり切った事。

 

パフォーマンスも低下していただろうが、それを感じさせないくらい最後まで一生懸命やった事は、

 

俺の中では、この子ならチームがキツイ時も頑張ってくれるはずっていう″さらなる″信頼に変わった。

 

″さらなる″ってつけたのは、いつもゲーム中サボる事はないし、身体張って頑張るし、

 

やっぱりいいメンタリティを持ってる子だなって再確認できたから。

 

早く復帰するのを待ってるぞ!!

 

誤解がないように。。。

 

決して、怪我を隠してまでやりなさいっていう事を言いたいわけじゃない。

 

この子の昨日の判断は、結果2週間の離脱になったんだから判断としては適切じゃなかったかもしれないが、

 

簡単に離脱して、数時間後やっぱりできます!だったり、翌日には普通にプレーする判断を下す。

 

そんなメンタリティでいるよりは、一回間違った判断下しても、

 

次同じ判断をしないようにすれば、絶対そんなメンタリティを持ってる方が成長する可能性があるよって事だ。

 

今回の彼の判断は、次間違った判断しないための学習のためで、ベクトルはプラス方向。

 

簡単に離脱して、やっぱやれたかな?次こんくらいならやってみよう!っていう判断は、

 

最初のベクトルがマイナスを向いてるから、同じ離脱でも成長するための出発点が全く違う気がする。

 

本当にキツかったり、痛かったりはずっと子ども達を見てきてるからある程度分かる。

 

しょうがないって思う事もあれば、仕方ないって思う事もある。

 

その上で、しっかり自己判断して遠慮なく言いなさいって事を忘れずに。

 

怪我は必ずある。

 

怪我する前の予防・コンディション管理も重要だ。

 

それを含めて、怪我との付き合い方をしっかり考えて欲しい。

 

もちろん、お医者さんの判断も参考にしながら。

 

でも、怪我に強い・弱いがあるように、自分の中での感覚的な怪我のラインの見極めも重要だと思う。

 

トータルで自己判断できるようになると、自分にとっての怪我のラインが見えてくるかも。

 

中には、痛みを隠しながらプレーしてる子もいる。

 

それは、見て分かるから「絶対痛いだろ?」って質問するが、

 

「いや、全然痛くありません」と答える。

 

でも、こそっと保護者さんに聞くと、痛みをおしてやっているらしい。

 

休んでいいぞって言うけど、その子なりの判断で″できる″を下してるからそれ以上は言わない。

 

その子は、「練習中はいいんだけど、試合になると身体が切れなくなる」ってぼやいてた(笑)

 

その試行錯誤してる感じが好き。

 

かかとの痛みなんで、付き合いながらやっていくらしいが、

 

治った時は、きっとパフォーマンスがめっちゃ上がるだろう。

 

人間だから感情ってのがある。

 

″感じさせる″、″感じさせない″ってのに、信頼を置けたり、可能性を見出してしまうんだよな〜。。。

 

そんなぼやきで今日はおしまい!!

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ご案内
ソレッソ宮崎ジュニアユース体験練習会
×
ご案内
ソレッソ宮崎体験練習会の案内設置
×
ご案内
ソレッソ鹿児島ジュニアユース体験会
×