子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

みすみコーチ

グループの中での個



練習後に保護者の方と話してたら、昨日のブログのキーホルダー「腹赤(はらあか)」と読むんですか?と。

 

いや、(はらか)って読むんです。って答えたら、

 

あるパパさんと、あれ赤が黒で腹黒(はらぐろ)じゃなくてよかったねってなったらしい。

 

スネ夫なんて言う人のせいだ。

 

風評被害には負けません(笑)

 

今週は、先週のゲームの反省から「前を意識する事」をテーマに練習している。

 

ゲームでの前を向けない事に関する課題は2つあると思っていて、

 

1つは、フリーの状態で前を向けるのに向かない。

 

もう1つは、少し強いプレッシャーを受けたら前を向かない。

 

まずは、話しながら子ども達と整理した。

 

フリーの状態で前を向かないのは、見えてない事が大きな原因だと思うが、

 

意識・準備(身体の向き)・ファーストタッチに問題がある。

 

ゴール・攻撃方向に意識が向けば、見る回数も必然的に多くなるだろうし、

 

自然と身体の向きも考えるだらうし、ファーストタッチの置き場所も変わると思う。

 

フリーの状態で前を向く事は、ちょっと意識が変われば改善できそうだ。

 

プレッシャーを受けた時に前を向けないのは、少し難しい。

 

前を向かないとって意識が強すぎると、敵にぶつかる現象が多くなりそうだし、

 

味方がいい状態なのに強引に前を向こうとするような現象も多くなりそうだ。

 

つまり、判断ミスが頻繁に起こる可能性があるという事。

 

そうなった時に考えて欲しいのは、プレッシャーの強度と方向。

 

ちょっとしたプレッシャーなら剥がして前を向く努力をするし、

 

プレッシャーの方向が分かってるなら、逆をとって前を向けるようになる。

 

ノープランでプレッシャー受けたら後ろってなってた意識が少しでも改善できたらいいな。

 

ポジションバランスやグループで運ぶ・剥がす事は良くなってきたと思うが、

 

個で状況を打開する回数はまだまだ少ない。

 

個だけでは、単純に能力で勝負が決まってしまうから、個だけではいけないし、

 

グループに頼っていては、ハメられた時に打開ができなくなってしまう。

 

現状は、パスミスが頻発し出すと、グループとしての機能を失って、ゲーム運びがうまくできなくなる事が多い。

 

グループの中での個をもっと磨く必要があるな。

 

毎週出てくる課題。

 

その課題を少しずつ改善しながら成長できるようにしよう。

 

まだまだ強くないし、課題も多い。

 

毎日ちょっとずつでも積み重ねていくだけだ。



ポケモンの歯磨きアプリのお陰で、しっかり歯磨きするようになってきた娘。

 

「ポケモンスマイル」このアプリおすすめでーす!!

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ご案内
ソレッソ宮崎ジュニアユース体験練習会
×
ご案内
ソレッソ宮崎体験練習会の案内設置
×
ご案内
ソレッソ鹿児島ジュニアユース体験会
×