子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

自分史とサッカー



実家がある長洲町。

 

ちょうどお盆頃にクラスターがあって、今年の墓参りは自粛してた。

 

ずっと気になってたんだが、子ども達も休校。嫁さんも仕事が休みだったんで、

 

今日のオフを利用してやっと墓参りへ。

 

やっと、胸のつっかえが取れた。

 

実家は、めっちゃ田舎で少し散歩するとこの通り。



10分くらいで、16匹のザリガニゲット!!

 

取ったザリガニ達は、実家に育てといてって言って放置してきました(笑)

 

ザリガニ取りで、息子の短パンがビショビショになった。

 

俺の小さい頃の短パンないかなぁって探してたら、こんなもの。





読売ランドで見たカズ、ビスマルク、武田、北澤、ラモスは、

 

芸能人に会ったみたいでテンション上がったなぁ。

 

そして、こんなものも。

 



髪がまだ豊富にあった若かりし頃の写真。

 

大学サッカーリーグのパンフレットもなぜかしっかり保管してある。

 

しばし思い出に浸りながら、短い時間を実家でゆっくり過ごした。

 

小4からサッカーを始めて、中・高・大、そして今は仕事としてサッカーから離れられなくなっている。

 

小学校の時は、周りの子達がめっちゃ上手くて、おれも負けないぞって思いながらサッカーをやってただけ。

 

ついていくのに精一杯。

 

中学校は、厳しい監督で、走らせられた思い出がたくさん。それでも、サッカーが嫌いになる事はなかったし、

 

意識高い仲間に恵まれて、めっちゃ練習してたと思う。

 

高校は、サッカーだけを切り取ると不完全燃焼かな。

 

周りと温度差があって、孤立する事も多かったが、大学でって思いがあったんで、

 

気にしなかったし、こいつらと同じじゃ腐るくらいの気持ちで変に尖ってた。

 

最低だったが、一番自分に向き合えたのが高校生の頃だったと思う。

 

サッカーだけって言われるのは嫌だったから、勉強もそれなりに頑張ったかな。

 

そして、大学に行くと、別世界のサッカーがあった。

 

次元の違いを感じたし、それを目の当たりにして、「ここから先は越えれない壁」ってのを作ってた気がする。

 

そこのメンタリティが足りなかったっていう多少の後悔はあるが、

 

一番サッカーを楽しめた4年間だったように思う。

 

そして、今。

 

満足いく環境の中で、サッカーを仕事にできている。

 

おそらく、ソレッソじゃなければ、こんなにサッカー指導にはまる事はなかったと思うくらい。

 

出会った子ども達、せいじさんをはじめ、周りのスタッフ達に感謝だ。

 

俺は俺なりの経験を持って、子ども達とサッカーに向き合ってる。

 

自分の考えを押し付ける事はしたくないが、

 

彼らが大人になって自分のサッカー史を振り返った時に、

 

小学校の時サッカー楽しかったな。

あの時の経験が今活きてる。

 

そう思ってくれたら最高だ。

 

これから先、子ども達がどんな自分史を作り上げていくのかすごく興味がある。

 

プロサッカー選手になれるのは一握り。

 

大半の子は、いつかはサッカーと離れる事になるかと思うが、

 

サッカーが自分の人生にしっかり結びついて、サッカーをやってきた経験がプラスになってくれる事を期待している。

 

しっかり向き合えば、向き合った分返ってくるものは大きい。

 

逆に、向き合えなければ、それがサッカーじゃなくてもいいとさえ思う。

 

俺はそう思うが、サッカーとの向き合い方は自分自身で決めるもの。

 

自分史の中でのサッカーは何か?を考えて欲しいし、

 

サッカーやってるからこうなってる!ってのを感じて、自分の人生のプラスにして欲しい。

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ご案内
ソレッソ宮崎ジュニアユース体験練習会
×
ご案内
ソレッソ宮崎体験練習会の案内設置
×
ご案内
ソレッソ鹿児島ジュニアユース体験会
×