子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

折れるな




県大会は始まったが、





県大会が無事に終わるって安心感は全くない。





こんだけ報道が暗ければ、否定的な意見しか出ないのも納得だ









でもね。





やっぱり個人としては、中止にすべきとは思えないのが素直な気持ちだ。





断固戦うと決めたからには、誰になんと思われようと戦おうと思う









頭おかしいと思われるだろうが、





そんなにおかしくはない





と、思いますよ(笑)









何が大切かって。何をすべきかって考えた末でのダンコなので。













別にね。





この考えが『イケイケ』だとは思ってないですよ。





サッカーでの時間も踏まえて、ちゃんと感染対策はやってますから。





職場でも外出先でも必ずマスク着用するし、消毒もする。





家族でご飯食べに行くのだって控えてるし、できることはやってます。





コロナが怖いものだってのもわかってるつもりだ。













でもさ。





チームに陽性者が出たことで、ほかのメンバー、スタッフ全員がPCR検査を受けて陰性が確認されたのに棄権しないといけなくなった





とか、





チーム内には陽性者、濃厚接触者共に該当してる人はいないけど棄権を決めた





とかそんなん聞くと、









うそでしょ?って気持ちが1番目に出てきてしまうのよ。





大会に出るためにはどうしたらいいかと考えて、チームみんな検査したわけでしょ?





おかしいよ。試合させてやればいいじゃんって思ってしまうのよ。













初日を戦ったチームの中に





『棄権したかったけど、出るしか道は残されていなかった』といチームは少ないと思う。





これほど『棄権』が容認されやすい状況って少ないと思うからね。





と、いうことは100チーム以上は(もっと多いと思うけど)試合に出るために準備を進めてきたんだと思う





もちろん自分たちだってそうだから。









試合やりたい、大会出たいというチームがある限り頑張ろうと思うわけであります。





だって、過去のコロナ禍の県大会でも、消毒やマスク着用して、感染者を出してないんだから。









そうやってなんとか前向きな気持ちにしようとブログ書いてても届くのは暗いニュースばかり。





嫌になって折れそうになるけど、





中止になって目にする光景って、子どもたちが泣き崩れる姿でしょ。





それも地獄なんで





やっぱり戦ってみようと思う





追い風吹かないかな~


ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031