子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

減点法




昨日の試合





勝ちはしたが、やっぱ課題は多く出た





精度やスピード、タイミングとか、そんなサッカー的部分でなく





心の整え方の部分





練習で感じていた温度の低さ





『俺がやってやる』ってとこにはまだまだ物足りなさを感じた





唯一、10番だけがその欲を少しだけ出してたかな





打率は8番バッターくらい低いけど(笑)





プレーの成功率なんて練習して上げていくしかない





それよりも物足りなかったのは





ミスしたあとに絶望的な顔をしてる姿とか





無難なノーチャレンジプレーに終始してる姿





「ミスしたから交代させられる」





「失点に絡んだから試合に出れなくなる」





そんなネガティブな思考が働いてるのか?









それなら、めっちゃ公のこの場で発表(笑)





減点法は採用しておりません!





それよりも、アドバイスを受け止め、成長するためのチャレンジを繰り返し取した方がいいと思うぞ





そりゃー





いくらミスがあるのがサッカーだと言っても





【助からないミス】に対してはキツく言うこともあるけどね





ミスを認めるバランスって難しいけど、とにかく





『ノーチャレンジは置いていかれるよ』





ってことだけは伝えた





仲間と助け合いながら成長していこう













今日、書かないといけないのは5年生のこと





試合会場が別になるので、朝イチ集めてしっかり話をしたつもりだったが





全然伝えきれてなかったようだ





試合に負けてもヘラヘラ。





試合後もワイワイ楽しんでるだけで





中原くんにガッツリいかれたようだ





金曜の練習では雰囲気作れていただけに、その報告にはがっかり。





そんな内容で叱られるレベルならば、試合なんて組む必要ないな。









勝ったからオッケー、負けたからダメー





そんな結果主義ではないが、





『本気で勝利を目指す』って大前提があってこそ、負けたあとにも成長のチャンスが生まれると思う





人数が多い学年だからこそ悪い方、楽な方に流されやすいのかもしれない





でもね





本気で高みを目指すのなら、どんな試合でもどんな環境でも振り切れて頑張るのは標準装備である





チームを引っ張っていく子が出てくるのを期待しよう









6年の方に膿みが出てこいと思っていたが





出てきたのはまさかの別会場の5年生





そこを任してても中原くんがバチーンと叱ってくれるのはありがたいこと





そのスタッフ間の関係性はうちの強みだと思うけど





こんな報告はまじ勘弁してくれ









総じて言うと





まだまだ甘えがある5・6年





覚悟を決めるんなら早い方がいいと思う









明日の練習は違う顔で来てくれよ~


ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31