子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

せとぐちコーチ

理不尽



瀬戸際メンディーでいじられてるのに全く気付かなかったよ。




JPくん、スルーごめんなさい(笑)







熱戦真っ只中の高校サッカー


鹿児島県のベスト4が出揃った



準決勝も決勝も試合の引率と被りまくりなので



観には行けないが、行きたいよなぁ〜。






いきなりマジメにいきますが、




自分ら指導者は、




上手くて強くて逞しい選手を育てるのが使命だと思う




将来につながる選手を育てたい





しかし、


サッカーのプレーを教えるっていうのはとても大事なことだが




感謝の心を持つ


ゴミを拾う


目を見て話を聞く




などなど



サッカー以外の面でも指導することはもっと大切だと感じる





だから、中心選手だと認めていても、プレー以外のダメなところがあれば



試合に出さないこともある




そんな理不尽はあるあるだと思う




そんな理不尽も1つの引き出しとして、子どもたちと駆け引きをしながら、成長させていく日々。




引き出しの少ない自分は、この理不尽はよくよく使用するのだが




それには





「子どもたちへの愛情、想い」




があることが大前提だと思う





それ、理不尽っていうか、ただの大人の都合じゃね?



っていうことを昨日、耳にした。







小学生であれば、全日やフジパン



中学生は県総体とか高円になるのかな



高校生であれば選手権





それぞれ選手は、目指す大会のために努力を重ねてきたと思う




最上級生になれば、そこに対する想いも格別なはずだ




今から始まる小学生の全日




選手権の準決勝、決勝





選手のみんなは仲間と全力で戦ってほしい




勝つか負けるかが大切ではあるけど、




その過程はその子の人生においてもっと大切なはず





結果が出た後に、選手たちが



「このチームでサッカーやっててよかった」



って思えるには




そこに関わる全ての人が心を一つにすることが必要不可欠だと思う





それぞれの立場で、チームのためにできることを一生懸命頑張ることが大切




それが出来ているチーム同士の試合は、きっと心揺さぶるものになるだろう



胸くそ悪い話しを聞いたあとに、




改めて


チームの大切さ



指導者としての責任



夢・目標の大切さ



みたいなものを




を考える機会になった





読んでて、なにが言いたいのかわかりにくくてすみません。











高校サッカー、平日開催じゃなくなれば、観に行ける日もできそうなのになぁ〜。




平日休んで行けばいいじゃんって?




さすがに、毎年この時期に2日も3日も休んでいくとヤバいですよ。





会社で席がなくなる。





タワーレコード風に言うと








『NO desk  NO  work』



です(笑)






さ。


仕事しよう



























ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ご案内
PDFダウンロード
×