子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

ジャイアントにキリング



運動会、激暑すぎて昼前にはもうクタクタ。




ソレッソの子たちの勇姿を見れたのは良かったけど




来年度からはもう1ヶ月くらい遅らせてもいいのにな。






それか、




1〜3年の運動会と4〜6年の運動会と2日間に分けて、どっちも午前中で終わるプログラムにするとかどうでしょう(笑)








はい。



先生が聞いたらキレそうな提案ですね〜(笑)















ラグビー日本代表のジャイアントキリングには驚かされたし、勇気をもらえたが








ジャイアントにキリングされまくってるのは











鹿児島ユナイテッド。









ただ今4連敗中






J3降格のにおいがプンプン





少年サッカーが中心で回ってる自分の生活だが





その周りでも鹿児島ユナイテッドの会話は全く聞かないような状態だ。





完全に興味が薄れてると思う







地元のチームなのでJ3に落ちるよりはJ2にいてほしいし、J1を目指せるようなチームになった方がいいに決まってるが






そこはチームの関係者に頑張ってほしいと思う








気になるのは、






そんな危機的な状況の中でも





新聞はすげーポジティブ記事なところ。




「改善の兆しが見えた」


とか



「残りのリーグ戦を戦っていく手応えをつかめた」



とか





負けてんのになに言ってんの?って感じ。







チームの批判を堂々と載せるのも時には大事だと思うんだけどな。







阪神が連敗してる時は、デ◯リースポーツはけちょんけちょんに書くはず(笑)








久永さんのコラムの方がよっぽど危機感が伝わるもんね。








まだまだJ3レベルの新聞記事って感じだね(エラそーに言ってみた)








子どもたちの指導にも言えることだが






褒めるだけとか、ミスを厳しく言わないとか





ずっとニコニコで





そんなんで、




子どもたちがたくましくなるなら、そんな楽なことはない。






時には厳しく、






そして、良い時は思い切り褒めてあげる





っていうバランスというか、駆け引きは大切だと思う。






それで指導者はみんな苦悩するんだよね。





だだんの気持ち、わかるわぁ〜(笑)












おっと。脱線したわ(笑)





とにかく、



自分は新聞を読むのが好きだから、たまたま鹿児島ユナイテッドの記事が目に入るだけってくらいで、


ネットやニュースで結果を気にしたり




スタジアムに行くことは無いと思うが




興味が薄い人たちにでも活躍を届けることができれば







それは盛り上がってるって言えるんじゃないかと思う。








最後は久永さんのコラム風に












頼むぞ!鹿児島ユナイテッド!!(笑)










ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ご案内
セレクション
×