子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

図星



あ。




こいつはブログネタを確保するために3日に分割しやがったなと感じた方も多いかと思いますが






図星の最終回です(笑)







東カップで感じたこと。




最終回にして最難。




自分でも答えが見つけ出せずにいる



迷子確定のブログです。







サガン鳥栖と対戦したあと



江南南と太陽鹿児島の対戦を観た後




その時点で、なんとも言えない不安というかモヤモヤに見舞われた。




「どうすればいいんだ?」


「鹿児島県って相当やばいんじゃないの?」



って。





「おっしゃ!相手にとって不足なし!やってやんぞ!!」



って気合が入って、マックスに限りなく近いこちらの頑張りを



普段のモチベーションで淡々とプレーしてるあちらのテクニックが上回っている



ってそんな感じ。




鹿児島県のハードワークって、ある程度武器になる、通用するものだって勝手にイメージしてたけど、そうじゃないって知った。



試合のあと、坂口くんとも


何から始めればいいかがわかんないけど、何か変えていかないと、永遠に追いつけないんじゃね?


3・4年の担当だからこそ、考えていかないといけないのかもね



みたいな話をした。




しかしながら、この時点で答え無し(笑)





そして、ソレッソ熊本とサガン鳥栖の決勝を観戦





自分たちとの試合では滑らかにプレーしてた鳥栖の子たちが、どの場面でもやりにくそうにしてるのを見て




ハードワークの深さの違いっていうか



「その頑張り、何のため?」みたいなことを感じた。






この表現が合ってるとは思わないが、





【ボールを奪うため】のハードワークなのか




【ボールを奪って、攻撃にうつり、味方にパスをつなぎ、得点をあげて勝つため】のハードワークなのか




そんな感じ(笑)








いやぁ。やばい。



迷走まっしぐら(笑)






大丈夫です。




頭の中はもうちょい整理できてます。




文章の表現の仕方で迷走してるだけです。





まぁとにかく、東カップで感じたこと3つ目は




【まだまだ頑張らないといかん!】




ってこと(どないやねん)





もうグダグダ感がすごいので無理やり閉めます(笑)









朝のニュース見てたら、うちの子どもたちが




「八村塁の声がFクオーレの監督の声に似てる」



って言ってきました。










そう言われれば顔も似てますかね(笑)







最後もグダグダだ(笑)





ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ご案内
ソレッソ熊本ジュニアユース体験練習会
×
ご案内
宮崎ジュニアユース体験練習会
×