子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

らしさ



今朝の熊日新聞に


日本サッカー協会のダメだしが載ってた


ワールドカップでの敗退


新監督になっても低調な代表戦


それに加えて、2世代同時にWユースの世界大会を逃した


これらが引き金になり、色んな所で頻繁に目にするようになってたが


まさか、熊日新聞に掲載されることになるとはな・・・


前々から俺は疑問だった


世界のレベルを知らないからなのだが


・日本人は上手い


・日本人は俊敏性がある


・日本人は良く走る


こう言われてたが


俺には疑問だった


へ~、そうなんだ。だったら勝てそうだけどな~って思ってた


だが、ここにきて


上手いだけで泥臭さが足りない、怖さがないみたいな事になってる


なんなら、今朝の記事には


ヘディングが出来ない選手が代表にきている


どっかの海外のスカウトは変な癖がつく前の若い時に獲得したいみたいな事も書かれてた




俺が思うに


俺たちが子供のころより


上手い選手の割合は増している


ただ、個性が消えつつある


飛びぬけたスーパーな選手が育ちにくい環境にある


昔は我流の負けず嫌いだけで上まで登りつめてたような選手は


今の時代は難しいのかな


俺はそっちが良いような気がするけどな~





チームでやれ


1人でやるな





ちょっと前からこの言葉を聞くようになった



俺は


これからも


いけ~


やれ~


負けんな~


取り返せ~



これだけを追求しよう


そこを追求しながら、チームでやる醍醐味を伝える


そして、子供だから誉めてばっかりじゃダメだよね


理路整然と説明するだけじゃダメだ


もちろん、時には必要だけど


熱く心に突き刺さるような言葉をぶつけないとな


そんで、時にはピエロになってやる


これの繰り返しで強く逞しくなるはずだ




ハーフタイムや試合前に作戦版なんて使った事ない俺


マグネットを使用し


自チームの狙い・相手チームの特徴などを落とし込むのだろうが


俺が作戦版を使ったら


大きく「気合」って書いて終了だろうな(笑)



うちはうちらしく、これからも頑張ろう



最近、ブレブレの日本サッカー協会も


そろそろどっかの海外の真似するのをやめて


日本らしさを見付けてもよさそうな気がするけどな


実績のある外国人監督を連れてくるより


日本の文化や歴史を把握している日本人を監督にすればいいのに


どっかの真似をしてても、本物には絶対にかなわない


モノマネじゃいかん


日本らしさを確立してもらいたい

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031