子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

15歳



昨日の高円宮敗戦後に


他のスタッフもいない、保護者もいない時に


俺は短く話をさせてもらった


中学生時代はほとんど何もしていないが


長い選手で10年以上


この代の顔として引っ張ってくれた感謝がある


タケヒロ・マコト・ツトウ・タクマかな?


昔から口下手だったが最後までそうだったな



ユウジロウやショウ、ササ、ユウセイが6年までの間に加入してくれ


全日本少年にも連れてってくれた


1学年上が初出場で全国ベスト8という輝かし記録の後


あいつらはそのプレッシャーをはね除け


連続のベスト8進出をはたした


ジュニア時代にライバルとしてバチバチやっていたウィングスとビッグウェーブ

そこに所属していたガクト・トモヤに俺が惚れ


熱心に誘ったのは記憶している


二人とも期待通りの活躍をしてくれた



宮崎から「ソレッソでやりたい」と親にワガママを言い


入部したハルキ


プレーは良かったが最初の頃の口下手は代表クラスだったな






最後の最後まで大人と話すのが苦手な学年だったと思う


だが、俺たち彼らに関わる大人は


あいつらの根底にある熱い物は理解していた


思春期真っ只中の中学生時代


あいつらは九州リーグで勝って行く事でまとまったな

明確に目指す大会が分かりにくい中1~中2の時期は


難しい事もあっただろう


1学年上にチャレンジしていてコテンパにやられ続けて心折れそうになった事もあっただろう



色んな事を経験した3年間だったな



最後、あいつらが人目を気にせず涙を流してくれた


ツンケン軍団が泣いていた

俺は嬉しかったぞ


もちろん色んな涙があっただろう


試合に負けた


試合に出られなかった


自分のプレーが出来なかった


ミスをした


これが最後…


などなど、様々だろう



トーナメントはPK負けも0-10負けも一緒だ


負けは負け


次のステージでは勝って泣けるようにな




最後に俺はみんなの前でハルキに聞いた


最後の相手が日章


宮崎のチームだ


おそらく日章にも行けただろうし、ずっと前からバチバチやってる子もいただろう


色んなリスクを承知で3年間熊本にきた


結局、自分たちの代で全国大会へは行けなかった


「はるき、ソレッソでやって良かったか?」って


真っ赤な目をしたまま


即答で力強く、みんなの前で


「はい」って言ってくれた

他の選手全員には聞いてないが、おそらくみんなそんな表情だったと思う


昨日がある意味卒業式みたいなもんだ


最後にあいつらが感情を表現してくれて嬉しく思う


悔しさはまた次のステージへ持っていけ






マコトよ


ジュニア時代の活躍は悔しさがあったからだよな?


中学時代にまた野獣感が増しやってくれたが


また最後に悔しさもらったな


ユースでもこれを力に頑張れよ


キャプテンキャラじゃなかったが


最後まで「プレーで引っ張る」ってのは伝わってきたぞ


お疲れさん




中3諸君


よくやった


サッカーで進学する連中も多いようだが


受験生らしく、ちょっとは勉強しろよ


まだまだこれからだ


自分で時間作って練習にも顔出し、次のステージへの準備を開始しろ





さぁ中2諸君


いよいよ勝負の年だ


昨日、ユウタが大号泣してたのはちょっと嬉しかった

あいつらも中3とカラーは違うが


やれると信じている


最後に負けた時に


ソレッソでやって良かった、この仲間とやれて良かった


こう言える為にも


濃い1年を過ごせよ

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031